「ロック母」 角田光代

ロック母ロック母
角田 光代

講談社 2007-06
売り上げランキング : 98779

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
【川端康成文学賞】身重で帰ってきた娘を迎えたのは、毎日ニルヴァーナを大音量で聞く母だった…。「ロック母」ほか、ぐれた娘が家に火を放って逃亡する「ゆうべの神様」など1992年から2006年に書かれた短編小説全7編を収録。

ここのところ、最近の角田作品ばかり接していたために気を抜いてました。やられた……思わずそうつぶやいてしまいそうな、そんな作品がわっさりと入ってます。そういえばこういうダークな作風の持ち主でしたね、もともとは。
若いころから現在にかけての短編が時系列にそって収録されてるので、角田さんの文章の変遷みたいなものが感じられるかも(伝聞?)いや、わたしはよくわかんなかったんですけど。ただやっぱりダークなイメージは年を経るごとに薄まった気はします。さんざん書いて気がすんだってことですかね。

特に印象に残ったのは、「ゆうべの神様」と、「カノジョ」「父のボール」ですかね。なんだかどれも救いがないような……読み終わっても全然爽快じゃないし、さっさと忘れたいのにどうしても記憶にこびりつく感じが似てるな、と。角田さんはどうしてこうも、イヤーな感じの家族を次から次へと生み出せるんですかね。しかもどれも変にリアルで、どっかにいそうなあたりがまた怖い。いや、もしかしたらうちの家族の隠したい一面が、こっそりと書かれていてもおかしくないような、そんな気さえします。

不快だったり気分が沈んだりしても、それでも読みたくなるこの力はなんなんだろう。いつもそれを問い続けては、うっかり読んでしまう角田作品。そんなあなたにも、角田初心者なあなたにも。角田光代のエッセンスがぎゅっとつまったこの一冊はおすすめかも。

ロック母

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ロック母 角田光代

    Excerpt: 装幀は山田拓矢。短編小説集。 ゆうべの神様:醜悪な両親と人々。現状から逃げたい高校生の私マリコの苦悩。 緑の鼠の糞:暑い。バンコクを南下した街で会ったコウちゃんは籠の鳥を放とうと。 爆竹夜:.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-10-02 15:10
  • 角田光代【ロック母】

    Excerpt: 1992年から2006年までの短編小説7編を収録。  「ゆうべの神様」  「緑の鼠の糞」  「爆竹夜」  「カノジョ」  「ロック母」  「父のボール」  「イリの結婚式」 「.. Weblog: ぱんどらの本箱 racked: 2007-11-24 14:56
  • ロック母<角田光代>-(本:2008年141冊目)-

    Excerpt: ロック母 # 出版社: 講談社 (2007/06) # ISBN-10: 4062140330 評価:90点 92年の芥川賞候補作「ゆうべの神様」から2006年の第32回川端康成文.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-10-29 22:21