「夜明けの縁をさ迷う人々」 小川洋子

夜明けの縁をさ迷う人々夜明けの縁をさ迷う人々
小川 洋子

角川書店 2007-09
売り上げランキング : 191401

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
風変わりな曲芸師と野球少年の友情、放浪の涙売りの恋、エレベーターで生まれたE.B.の生涯、作家だった祖父の形見をめぐる老嬢の話…。世界の片隅に息づく人々に灯りをともす9つの物語。『野生時代』掲載を単行本化。

小川さんの描かれる作品は、「博士の愛した数式」や「ミーナの行進」のように安心して読める世界のものと、この作品のように不思議でちょっとビターでなんか怖いような気持ちがするようなものと、がありますね。どっちかというと短編の方がそういう複雑な話が多いかな……まだたくさん読んでるわけではないので言い切れないけれど。
で、そういう一色じゃない、多色な作品を描けるっていうのはかなりの力量じゃないかと思います。ひとつの色を毎回きっちり出せるのもすごいことですが、いろんな色を出し分けるのもやっぱりすごいなと。それでいて根底にはしっかり「小川洋子」のカラーがあるわけで……ええと何が言いたいのか自分でもわからなくなりましたが。

この作品集に収録されているのは9編です。好きだったのはどれかなあ……心やさしい野球少年と曲芸師の交流を描いた「曲芸と野球」かな。あと心の広いシッターさんとそこに預けられる姉弟と、彼らの「裏」の時間を生きる人たちについてのお話「パラソルチョコレート」も好きでした。

インパクトがあったのは、留守番をしてる女性と、そこに遊びに行って帰れなくなった主人公を描いた「教授宅の留守番」と、その涙をすりこむと楽器の音色が格段によくなる特性をもつ主人公の悲恋のお話「涙売り」、あと指圧師とその客のおばあさんの妙な交流を描いた「ラ・ヴェール嬢」かな……先の読めなさと、その落としどころにやられました。

どのお話も20~30P足らずなのに、きっちりとその中で世界を完結してます。小川さんは短編の名手でもあるんだなあと読んでて再認識しました。

どのお話もひっそりと静かで、落ち着いていて、底しれない深さを感じさせてくれます。タイトルにぴったりのお話たちでした。

夜明けの縁をさ迷う人々

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 夜明けの縁をさ迷う人々 小川洋子

    Excerpt: 装画・挿画は磯良一。装丁は片岡忠彦。「野性時代」掲載。 曲芸師と野球少年の友情、エレベーターで生まれたE.Bの生涯、放浪の涙売りの恋、作家だった祖父の形見を語る老嬢など9作品を収めた短編集です。.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-11-06 02:03
  • 夜明けの縁をさ迷う人々*小川洋子

    Excerpt: 夜明けの縁をさ迷う人々(2007/09)小川 洋子商品詳細を見る 風変わりな曲芸師と野球少年の友情、放浪の涙売りの恋、エレベーターで生まれたE.B.の生涯、作家だった祖父の形見をめ�... Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2007-11-30 06:48
  • 夜明けの縁をさ迷う人々

    Excerpt:  いびつにゆれて、ゆらめいて。危うさの中に封じ込められる。夜と呼ぶには淡い闇。朝と呼ぶには僅かな光。たとえばそんな狭間に。そうしてどっちつかずの境界線上に、彼らは立ちつくす。まるで、そこに“いる”とい.. Weblog: まっしろな気持ち racked: 2008-01-26 10:01
  • 『夜明けの縁をさまよう人々』/小川洋子 ◎

    Excerpt: 小川洋子さんの描く不思議な世界。一見、普通に私たちがいる現実世界のことのようなのに、いつの間にか、何かがズレてる。物語の登場人物たちは、夢の世界と現(うつつ)の世界のあわいを漂っているかのような・・・.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-10-15 22:34
  • 夜明けの縁をさ迷う人々<小川洋子>-(本:2009年1冊目)-

    Excerpt: 夜明けの縁をさ迷う人々クチコミを見る # 出版社: 角川書店 (2007/09) # ISBN-10: 4048737929 評価:80点 2009年初っ端に読む本ではなかったかも.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-01-04 18:58