「フィンガーボウルの話のつづき」 吉田篤弘

フィンガーボウルの話のつづき
吉田 篤弘著
新潮社 (2001.9)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
物語は「世界の果て」にある小さな食堂を夢見ながら始まり、静かにゆるやかにつづく。どこからも遠い場所で、どこよりも近い、すぐそばで-。クラフト・エヴィング商会の物語作者が語る、ひとつながりの16の短編集。

結構前に単行本で読んでたものの、感想を書きあぐねて挫折。んで、文庫化されたときに購入したので、再チャレーンジ!

世界の果ての食堂の話を描きたくて、でもどうしても物語のしっぽを捕まえられない吉田くん(作者?)。敬愛する先生からヒントを得て連作集を描くことになるが、それはビートルズのホワイトアルバムにまつわる人々の小さな話でーというお話。

ええと、だから吉田さんのことが描かれる話のなかに、さらに吉田さんによって描かれる物語が入ってると。いわゆる入れ子状態?

「針がとぶ」とか「空ばかり見ていた」で描かれていた小話と雰囲気はよく似てます。世界中で愛聴されたであろう名盤「ホワイトアルバム」を巡る物語って、考えてみるとそりゃあいっぱいありそうですよね!手にした人それぞれに人生があるわけだし、ドラマがあるわけだから。中から厳選された物語…とするにはあまりにも素朴で静かなエピソードですが、だからこそ本当にどこかでこういうシーンが展開されたのかもな。という気にさせてくれます。

読むといつもこの世界の住人になりたくなります。そんな力が吉田さんの物語にはあります。

大声でおすすめ!とは言えないけれど、気にいってくれそうな人にはそっと差し出したい、そんなお話たちでした。

フィンガーボウルの話のつづき

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック