「武士道シックスティーン」 誉田哲也

武士道シックスティーン武士道シックスティーン
誉田 哲也

文藝春秋 2007-07
売り上げランキング : 75335

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
「ようするにチャンバラダンスなんだよ、お前の剣道は」「兵法がどうたらこうたら。時代錯誤もいいとこだっつーの」 柔の早苗と剛の香織はまたとない好敵手。勝負の行方は? 痛快・青春エンターテインメント。

剣道ってくさいとか痛いとか負のイメージ強めですが、あたしは結構好きです。見るだけだけど。所作がきれいだし、団体戦とか燃えるしな。面かぶってると顔がわかんないから、純粋に強さだけが見られていいってのもあるかも。

さてこの話。
香織は剣道全国2位の経歴の持ち主。彼女の目標はただひとつ、打倒岡巧!それ目指してひがな一日鍛錬にあけくれる彼女を、市民体育大会で破った少女がいた……。驚き、再戦を望む香織は、敵の少女が在学する東松学園に進学することにーーーーってとこからはじまります。。

物語は香織と、そのライバル(と勝手に香織が思っている)の早苗の二人が交互に語る形で進みます。性格も経歴もまるで違う二人が試合したりケンカしたり、檄を飛ばしたり没交渉になったりとぶつかり合いながらも徐々に仲良くなる姿が描かれます。

ストイックに剣の道一筋に生きてきた香織と、以前は日舞をしており剣道歴は3年、でもセンスは抜群の早苗。ひたすら頂点を目指す香織と、剣道を楽しむ早苗。天と地ほど違う二人がどうやって仲良くなるのか?それは本編で確認してください。

正直王道な話だと思います。展開もベタだし、先が読めます。だけどもおもしろかった。今まで読んだ誉田作品では一番おもしろいかも。試合の臨場感がばっちり伝わってくるし、試合はかなり燃えます。登場人物たちと一緒に手に汗にぎって応援してました。
一部シーンでは思わず泣きそうになりましたしね…エンタメ小説だと思って油断してました。でもあの香織が!早苗のために!!って思うともう。あれは名シーンじゃないかと。

香織の目標である岡巧の印象がいまいち薄いのがちょっと残念だったかな。

ラストも青春スポーツものっぽくてよかったです。
以前剣道やってた妹にも読ませてみようかな。

しおりひもが紅白2本あるのもこだわりが感じられてニヤリとしました。

武士道シックスティーン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック

  • 「武士道シックスティーン」誉田哲也

    Excerpt: 武士道シックスティーン誉田 哲也 (2007/07)文藝春秋 この商品の詳細を見る 3歳から剣道一筋で生きてきて、新免武藏に傾倒し全中で準優勝をした磯山香織。彼女の剣道とは、勝つか負けるか、斬るか.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-11-18 09:25
  • 『武士道シックスティーン』

    Excerpt: 『武士道シックスティーン』 著 者: 誉田哲也 出版社: 文藝春秋 発行年: 2 Weblog: 会社ともおの読書日記 racked: 2007-12-13 18:55
  • 『武士道シックスティーン』/誉田哲也 ◎

    Excerpt: 自らを「兵法者」と称し、剣の道を極めんとする磯山香織。日本舞踊から転向し、「お気楽不動心」のままに自身の向上を志す西荻(甲本)早苗。この2人の剣道青春物語ですね。なんだか、こそばゆいです。私は武道の心.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-04-03 21:29
  • 武士道シックスティーン(誉田哲也)

    Excerpt: おぉーっ!面白かったよーっ! Weblog: Bookworm racked: 2008-09-04 15:21
  • 「武士道シックスティーン」誉田哲也

    Excerpt: 武士道シックスティーンクチコミを見る 誉田さんの作品初めて読みました。青春小説を書くというイメージではなかったんですが、これは本当に楽しくて読み始めたらとまらない青春小説でした。剣道のことは.. Weblog: 本のある生活 racked: 2009-03-17 17:05