「映画篇」 金城一紀

映画篇映画篇
金城 一紀

集英社 2007-07
売り上げランキング : 21248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
友情、正義、ロマンス、復讐、そして笑いと感動ーー。「太陽がいっぱい」「愛の泉」など名作映画をモチーフに、映画がきっかけで出会った人々の友情や愛を描いた5つの作品を収録した小説集。

ピタゴラスイッチの百科おじさんは、いったいいつになったらピタとゴラがまだ字を読めないってことに気づくのかな……と今日ふと思いました。それかあれはすでに決まったお笑いのパターンとしてみるといいのか?うむ、奥が深い。

また本題と全然関係ないところから話がはじまったわけですが。
この作品の感想を書きあぐねて…!とかそういうんじゃないですよ。
逆にすごく楽しく読みましたから!
金城さんはそんな多作な方ではないので、年に1・2回くらいしか読めないわけですが、毎度一定レベルの水準はクリアしてるのですごいなと思います。
そしてそんな作品のなかでも、もしかしたらこれが一番好きかもしれない。これと「フライ・ダディ・フライ」が競る感じかなー。

内容は上記のとおりです。映画を題材によくぞこんだけの話を作ったなと思います。しかも微妙にリンクまでしてるし、かつそれがさりげなくてまた絶妙というね。各章の主要映画と、あとふたつ名作映画が絡んできてるんですが、最後の章を読んでまたうなりました。構成ほんとにうまいよ!と。金城さんの作品らしく、かなりハードな話もあるなかで、最後がこの話だからこそ感じるあたたかさ。ドキドキしたけど、最後はハッピーエンド!ってのがいいなと思いました。

たぶんこれ、映画をたくさんみてる人ならより楽しめる作品なんですよね。
映画はきらいじゃないんですが、観るなら読むほうが好きだな。とあまり観ない傾向にあります。しかも単館上映系ばかり好んで観るので、この作品に出てくるやつとほんとかすりもしなくて笑った……タイトルは知ってるんだけどね、ってのが多かったです。
無論謎の映画「フランスの富豪中年女が、貧しい青年とおくる恋と愛の記録」的なやつもなんなんだかちっともわかりませんよ。これほんっとうに気になるよな……映画好きな友達にでも聞いてみようか。

また脱線したのでもどして、と。
短編どれもうまくて優劣つけがたいですが、個人的には1話目の話が一番好きでした。読んでる最中、はっきりと情景が浮かんだし。
金城さんの作品は、どれも筆圧高く、くっきりと描かれた線で構成されてるイメージがあります。そのぶん読んでて時折痛い気持ちになったりするのに、最後まで読んじゃうんですね。

読み応えのある、いい作品でした。まだ読んでないって方いましたら是非どうぞ。

映画篇

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 金城一紀【映画篇】

    Excerpt: 映画がきっかけで友達ができる。恋が始まる。人生が変わる。ちょっと大人になる。幸せになる。そんな人々の姿を描いた中篇5作を収載。 映画篇(2007/07)金城 一紀商品詳細を見る �.... Weblog: ぱんどらの本箱 racked: 2007-12-24 09:34
  • 「映画篇」金城一紀

    Excerpt: 映画篇金城 一紀 (2007/07)集英社 この商品の詳細を見る 映画をモチーフにした5篇が収録。その元になった映画は5作中1作しか観ていませんが、そんなのは関係なかったです。ちなみに... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-12-27 22:49
  • 「映画篇」金城一紀

    Excerpt: 映画篇 金城 一紀 面白かった!金城さんの映画に対する愛が詰まった物語。いったいいくつの映画が出てくるのかと思ったら96本だそうです。発刊記念限定公式サイト(9月30日まで。もったいない。.. Weblog: ナナメモ racked: 2008-01-03 11:45
  • 映画篇 金城一紀 

    Excerpt: 映画篇金城 一紀 (2007/07)集英社この商品の詳細を見る <映画の好きな人も、そうでない人も楽しめる一冊> いやー、面白かったです。設定が素晴らしい。映画の映画による映画のための作品。.. Weblog: それでも本を読む racked: 2008-01-06 21:48
  • 映画篇(金城一紀)

    Excerpt: ぬわーぬわーぬわーっ、と意味不明な言葉を叫びたい気分です(笑) いや~良かった。心のささくれにそぉーっと沁み込むような温かさを感じました。金城さんって初読みだったんだけどね。またしても、追っかけたい.. Weblog: Bookworm racked: 2008-02-14 15:40
  • 映画篇<金城一紀>-(本:2009年11冊目)-

    Excerpt: 映画篇クチコミを見る 評価:98点 # 出版社: 集英社 (2007/07) # ISBN-10: 4087753808 大いに笑い、感動し、不覚にも泣いてしまった。 近年読んだ.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-01-18 22:21