2007年を回想してみたら

どうもこんにちは。あっという間に年末ですな。
去年はあわあわしててできなかった、今年を振り返って記事です。
優柔不断な性格ゆえにベスト10冊!とかできないので、10冊に留まらずよかった本をずらりと並べることにしました。

おすすめカテゴリの中にあるのは以下の通りです。

「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦 http://kanata-kanata.at.webry.info/200701/article_7.html
「僕僕先生」 仁木英之 http://kanata-kanata.at.webry.info/200702/article_19.html
「モノレールねこ」 加納朋子http://kanata-kanata.at.webry.info/200702/article_22.html
「虹色天気雨」 大島真寿美 http://kanata-kanata.at.webry.info/200703/article_26.html
「ぽっぺん」 石田千http://kanata-kanata.at.webry.info/200703/article_25.html
「ミーナの行進」 小川洋子http://kanata-kanata.at.webry.info/200704/article_13.html
「九月の恋と出会うまで」 松尾由美 http://kanata-kanata.at.webry.info/200706/article_21.html
「エンド・クレジットに最適な夏」 福田栄一 http://kanata-kanata.at.webry.info/200707/article_18.html
「ワーキング・ホリデー」 坂木司 http://kanata-kanata.at.webry.info/200709/article_4.html
「サクリファイス」 近藤史恵http://kanata-kanata.at.webry.info/200710/article_14.html
「予定日はジミー・ペイジ」 角田光代 http://kanata-kanata.at.webry.info/200711/article_2.html
「烏金」 西條奈茄http://kanata-kanata.at.webry.info/200712/article_3.html

そして今見るとおすすめに入れられるように思うのに、なぜか入ってないのが

「サイン会はいかが?」大崎梢 「武士道シックスティーン」誉田哲也 「映画篇」 金城一紀 「そんなはずない」朝倉かすみ 「陰陽屋へようこそ」天野頌子 「遠まわりする雛」米澤穂信 「学校のセンセイ」飛鳥井千砂 「しずかな日々」椰月美智子などなどなど。(2008.1.1更新)忘れてました、「鹿男あをによし」万城目学も入れておかねばっ。
よかったって思うハードルが恐ろしく低いんでしょうか、わたし。

そして今年一番印象に残ったのは、この2作品です。

「スコーレNo.4」 宮下奈都 http://kanata-kanata.at.webry.info/200703/article_5.html
「冥王星パーティ」 平山瑞穂 http://kanata-kanata.at.webry.info/200706/article_2.html

スコーレのほうは割とどんな人もいけると思うけど、冥王星のほうは一部の人にはメチャクチャ受ける、そんな作品な気がします。毛色の違う2冊ですが、どちらも甲乙つけがたいです。

結局20冊近く挙げてしまいました(しかもエッセイや漫画はほとんど紹介できてない!すみません)。読めない日もあったけど、総じて楽しい読書時間がもてたと思います。来年もたくさんよい作品との出会いがありますように!!

読んでくださってる方、よいお年をお迎えください。そして来年もよろしくお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック