「グラデーション」 永井するみ

グラデーショングラデーション
永井 するみ

光文社 2007-10-20
売り上げランキング : 430364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
一つ一つ、迷ったらいい。歩き続けていれば、日々は色濃くなってゆくものだから…。少女から大人の入り口へ、14歳の少女が誰にでも訪れる当たり前の様な出来事を受け止め、23歳の女性に成長していくまでの姿を丁寧に描く。

2冊目です。
最初の「ドロップス」が結構よかったので、ああいう感じを期待して読んだところ、それを裏切られることなく楽しんで読みました。

上の説明にあるとおり、一人の女の子の成長を描いた作品です。
他の方も言ってましたが、とても地味な主人公でして、他の作品だと「通行人イチ」とかで登場しそうな影の薄さでしたよ。
まあ通行人だろうとなんだろうと、一人ひとりには違う人生があるわけです。
大きな事件とか、強烈な恋愛体験なぞなく、ちょっと内向的でもの静かな女の子の、小さなドラマの数々。それが丁寧に描かれてます。
その地味さゆえか、共感できるところがたくさんありました。
学校で少数人のいい友達とつきあってる感じとか、学食の幻のメニューがどうしても気になって頼んでしまうところとか。
ささやかなことだからこそ、今まで忘れていたちいさな思い出を喚起されます。ああ、そういやあの頃こんなことがあったよ……と、何度か読書最中にトリップ体験をしました。

豊島ミホさんの「夜の朝顔」に雰囲気が似てるかなぁと思います。

読んだのが「私の男」より前でよかったなと思いました。
たぶんあの作品の直後だったら、この物語のゆるりらとした感じがうまく味わえなかったと思うんですよね。いや、別にこの話をけなしているわけではなく。

心穏やかに、ゆっくりと楽しむのにふさわしいお話でした。

グラデーション

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

この記事へのトラックバック

  • グラデ-ション 永井するみ

    Excerpt: 装画は、順子。装幀は池田進吾(67)。初出「小説宝石」。 主人公、桂真紀が十四歳から二十三歳までの間に体験した出来事、気持ちのあれこれを丁寧に辿っていく物語。目立たず地味で真面目、人見知りで言葉.. Weblog: 粋な提案 racked: 2008-01-11 04:25
  • グラデーション*永井するみ

    Excerpt: グラデーション(2007/10/20)永井 するみ商品詳細を見る 一つ一つ、迷ったらいい。歩き続けていれば、日々は色濃くなってゆくものだから。14歳の�... Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2008-01-11 06:41
  • グラデーション

    Excerpt: JUGEMテーマ:読書 一つ一つ、迷ったらいい。 歩き続けていれば、 日々は色濃くなってゆくものだから 14歳の少女が、友人、家族、憧れの人との関係のなかで、一つずつ自分の感情を増やしてゆ.. Weblog: ぼちぼち racked: 2008-01-11 21:58
  • 「グラデーション」永井するみ

    Excerpt: グラデーション 永井 するみ JUGEMテーマ:読書 桂真紀の14才から23才までの物語。地味で真面目。人見知りする。姉の珠紀とはまったく逆の性格で姉と母親のおしゃべりを黙って聞いて.. Weblog: ナナメモ racked: 2008-01-12 21:29