「東京日記2 ほかに踊りを知らない。」 川上弘美

東京日記2 ほかに踊りを知らない。 (東京日記 (2))東京日記2 ほかに踊りを知らない。 (東京日記 (2))
門馬 則雄

平凡社 2007-11-17
売り上げランキング : 75686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
内容説明
たんたんと、時にでこぼこ、どこかシュールに、日々は流れる…。不思議で可笑しく、ちょびっと切ない。カワカミさんの、5分の4(くらい)はホントの、日々のアレコレ。『東京人』連載を単行本化。

川上さんの日記「卵一個ぶんのお祝い。」の続きです。
あいかわらずシュールで本当かうそかわからない日々……でもありえなさそうなのが実は本当で、地味なほうがうそっこだったりするんだろうな。

表題にもあがっている「ほかに踊りを知らない。」のくだりがとても笑えました。
FAXがコワレたからってなぜ東京音頭を踊る?
しかも1回じゃないあたりが。

あとよく出てくる「こども」は一体誰をさすのか疑問でした。
とても幼児だったり、「生まれてこのかた東京に行ったことがない」という記述から、中学生未満だと推測されるんですが。
川上さんは確か今年50歳なんですよねぇ…じゃあ孫とかなのか?とか。
つうか川上さんの歳を計算した時点ですごいびっくりでしたよ。
写真とかで見るともっと若そうなのに!
男女に関わらず他人の年齢あてるの本当に苦手です。

しかし人様の日記を読むのは心浮き立ちますね。
平凡な内容でもじゅうぶん。
子供のつけてる日記を盗み読む親の気持ちがここにきてはじめてわかったというか。

わたしはというと。
小学生のときは宿題になってんのに関わらず8月末までおいといて、がーっとまとめて書いたりしてましたが。そんな時も「それはないだろ」的なことは書きにくかったからなあ。本当に、あったんですか!?と詰め寄られたら嘘をつき続けられる自信なかったし。

やはり川上さんはすごいなあと。なんのヒネリもオチもなくて恐縮ですが、ここで終わろうと思います。では!

東京日記2 ほかに踊りを知らない。 (東京日記 (2))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック