「仏果を得ず」 三浦しをん

仏果を得ず仏果を得ず
三浦 しをん

双葉社 2007-11
売り上げランキング : 55531

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
“好き”が過ぎるとバカになる。でも、そんなバカならなってみたい。文楽に賭ける若手大夫の熱い青春の物語。『小説推理』の連載に加筆修正し単行本化。

発売されてからこっち、「図書館待たないで買う?いやしかし財政厳しいし」とくよくよ悩んでた一冊です。やっとこ手にできたわけですが、おもしろかったです!

あらすじのとおり、文楽の若手の健大夫が主人公です。そんな健が、変人として有名な三味線の兎一郎と組むことになるところから話が始まります。若いけれど文楽にかける情熱はすごい健。でもまだ未熟で、勉強がたりない!と兎一郎に怒られたり、一緒に練習したり。仕事の外では、ボランティアで文楽を教えている小学生のお母さんに一目ぼれし、仕事が手につかなくなったり。若いからこそ悩んだり困惑したりすることもあるわけで、そのへんも上手に書かれてたと思います。

わたし今まで文楽は見たことがなくて、雰囲気しかわかってなかったんですが。そのあたりの描写も上手で、知識がないのに楽しめました。
キャラも全員濃くて、そしていい人たちでした。一番好きだったのはだれかなあ。銀大夫か?

唯一?と思ったところは、作中に出てきて健が気にしてた‘ある人’に関する種明かしが拍子抜けするくらい簡単だったことですか。あんなにひっぱっておいてこれかい!ってちょっと思いました。

話変えまして。
三浦さんは文楽が好きなんだなあ……と読んでてしみじみ思いました。
好きなことについて語るときって、いつもよりも訴えてくるものが違いますよね。それをひしひしと感じました。BLについて書くしをんさんにもすごいものを感じますが。健もだけど、こんなにひとつのものを愛して打ち込むってのに憧れます。わたしは燃え上がるものの、すぐ沈静化するんですよね。頭のどっかにいつも冷静で毒舌ななにかがいるみたいです。

今持ってて読んでないのが、しをんさんの「あやつられ文楽鑑賞」です。先にそれ読んでからこっち読むのが筋なんでしょうが……わたしは「あやつられ~」読んでまたこの作品を読みなおしてみようと思います!

仏果を得ず

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「仏果を得ず」三浦しをん

    Excerpt: 仏果を得ず 三浦 しをん JUGEMテーマ:読書 文楽に見せられ笹本銀大夫に弟子入りして十年目の主人公・笹本健(たける)は、ラブホテルの1室に寝泊りし、義太夫として精進するストイックな毎.. Weblog: ナナメモ racked: 2008-01-17 22:52
  • 「仏果を得ず」三浦しをん

    Excerpt: 仏果を得ず三浦 しをん (2007/11)双葉社 この商品の詳細を見る 文楽の技芸員は、大夫、三味線、人形遣い、あわせて九十人弱だ。同じ顔ぶれで、�... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2008-01-19 19:49
  • 仏果を得ず 三浦しをん

    Excerpt: 装画は勝田文。装丁は松昭教。「小説推理」連載に加筆修正。 文楽に魅せられ笹本銀大夫に弟子入りして十年目の主人公、健(たける)。師匠が三味線の鷺澤兎一郎と組めと命令。「実力はあるが変人」との評判に.. Weblog: 粋な提案 racked: 2008-01-21 01:10
  • 仏果を得ず / 三浦しをん

    Excerpt: 仏果を得ず 作者: 三浦 しをん 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2007/11 メディア: 単行本 「文楽」?はてさて・・・?という、私でも面白く読めました。面白くどころか、大.. Weblog: おさんぽ文庫 racked: 2008-01-24 15:16
  • 仏果を得ず(三浦しをん)

    Excerpt: 落語の次は文楽です! ・・・という訳ではないのですが、この作品はいろんな読書ブログ様で目にして、前から気になってたんですよねぇ。しをんさんだし。で、ようやく図書館で巡り合えたのでホクホクしながら借り.. Weblog: Bookworm racked: 2008-06-23 14:11
  • 『仏果を得ず』三浦しをん

    Excerpt: 『仏果を得ず』 三浦しをん/著  ほとばしるような文楽青春物語! ・・・なのに何故か読んだ後、悲しい気持ちに。 人間国宝となってもまだ道の途中といわれる果てしない芸の世界に、 生活のほぼ全てを注.. Weblog: 勝手に装丁室 racked: 2008-09-04 21:33