「秋の牢獄」 恒川光太郎

秋の牢獄秋の牢獄
恒川 光太郎

角川書店 2007-11
売り上げランキング : 16031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
女子大生の藍は、秋のその一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。彼女は何のためにこの日を繰り返しているのか。この繰り返しの日々に終わりは訪れるのだろうか・・・・。表題作ほか全3編収録。

秋ごろ予約したものの、人気があってなかなか読めずにやっと手にした作品。上の内容説明を読んで、いったいどんな話なのかとドキドキして読みました。
3編収録されてますが、どれも「なにかに閉じ込められた(もしくは、ている)人」が主人公となってます。

表題作は、上の説明通りの話。
自分がそんな境遇になったことないから言える話だとわかってますが、ただ前と同じ日を繰り返すことだけ見たらそんなに悪いことでもないかと。逆にずーっとそこにいるだけでモラトリアム期間を延長することができるしさー。
それよりも、やっと見つけた仲間が次々と消えていったり、どうもそれにはたまに目にするあの怪物が関わってるらしいことのがよっぽど怖いです。

2作目「神家没落」は、ひょんなことから神様代理をすることになった男が、そこで生活しつつも自分の代わりを必死で見つけ、しかしその後……というお話。
上の内容だけ読むとわかんないと思いますが、これ本当に怖かったです。他の読書ブログさんでは3作目が一番怖いとしてる人も多いですが、わたしはぶっちぎりでこっちかも。主人公が罠にはまって(?)代行をしはじめるところはまだいいんです。ただ後半の展開がっ。よもやそんな展開をするとは思ってなくて、やや血の気がひきつつもやっと読み終えたという……
ホラーが苦手なわたしですが、この作品がデッドラインかも。これがこんなに怖いと思ううちは、平山夢明さんの作品などには決して手をつけないでおこう。うむ。

3作目「幻は夜に成長する」
やさしく不思議なおばあちゃんと暮らしていた主人公。人との交流はあまりないものの、穏やかに生活をしていたが、ある日住んでいた家が全焼し、主人公は実の親のところに戻されて…から始まるある女性の半生が描かれた作品。
読み始めた当初から平衡感覚がおかしいというか、妙に不安にさせる作品でした。思い切り怖い出来事はないものの、ゆるく真綿で首を絞められるようなこころもとさを感じるというか…
物語の終わり方もうまいなと思いました。

いやーデビュー後わずか3作目なのにもう独自の世界を作ってますよね、恒川さん。
これからも応援したいと思います。で、でもですね。わたしあんなに有名になって、かつ評価の高いデビュー作をいまだに読んでません。
今年は読めたらいいなと思います!

秋の牢獄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「秋の牢獄」恒川光太郎

    Excerpt: 秋の牢獄恒川 光太郎 (2007/11)角川書店 この商品の詳細を見る 「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の三編を収録。 「秋の牢獄」 �... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2008-01-04 19:12
  • 秋の牢獄

    Excerpt: JUGEMテーマ:読書 11月7日、水曜日。女子大生の藍は、秋のこの一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人……。何のために11月7日は繰り返されているのか。この繰り返しに終.. Weblog: ぼちぼち racked: 2008-01-04 20:34
  • 秋の牢獄 / 恒川光太郎

    Excerpt: 秋の牢獄(2007/11)恒川 光太郎商品詳細を見る 十一月七日、水曜日。女子大生の藍(あい)は、秋のその一日を、何度も繰り返している。毎日同じ講義... Weblog: みすじゃん。 racked: 2008-01-05 00:57
  • 秋の牢獄 / 恒川光太郎

    Excerpt: 秋の牢獄 作者: 恒川 光太郎 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2007/11 メディア: 単行本 大学のベンチ、公園、住宅街・・・身近な場所にある異質なもの。北風伯爵や、神の家.. Weblog: おさんぽ文庫 racked: 2008-01-05 15:23
  • 「秋の牢獄」恒川光太郎

    Excerpt: 秋の牢獄 恒川 光太郎 JUGEMテーマ:読書 「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の3つの物語。 恒川さんの世界です。この世界のすぐ隣にある異次元空間。時間がねじれた時に.. Weblog: ナナメモ racked: 2008-01-05 22:03
  • 11月に読んだ本(後編)

    Excerpt: 後半です。長いので、興味のあるところだけ読んでくださいね 首鳴き鬼の島 (ミステリ・フロンティア 35)石崎 幸二 東京創元社 2007-08売り上げランキング : 12240お.. Weblog: 日々茫然 racked: 2008-01-08 01:38
  • 秋の牢獄

    Excerpt: 秋の牢獄 恒川光太郎 角川書店 評価☆☆☆ Weblog: ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ  racked: 2008-01-09 21:40
  • 秋の牢獄⇔恒川光太郎

    Excerpt: 異界の空を見上げて 11月7日、水曜日。 女子大生の藍は、秋のその一日を何度も繰り返している。 毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。 朝になれば全てがリセットされ、再び11月7日が始まる.. Weblog: らぶほん-本に埋もれて racked: 2008-01-16 15:23
  • 『秋の牢獄』/恒川光太郎 ◎

    Excerpt: 背後を、闇を纏った「何か」が通り抜けたような、密やかな悪寒がした。 ・・・これは、本当のホラーだ。ホラーだけれど、ただ恐怖を煽るというのではなく、しんしんと降りつもる仄かな寂しさを湛え、「ひと」の心.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-01-21 21:49
  • 秋の牢獄 恒川光太郎

    Excerpt: 装画はミヤタジロウ。装丁は片岡忠彦。初出「野性時代」。短編集。 十一月七日を繰り返す女子大生。屋敷から出られない青年。幽閉され幻術を強制される女―。「牢獄」をテーマにそれぞれ異なるアプローチ。時.. Weblog: 粋な提案 racked: 2008-01-23 02:28
  • 「秋の牢獄」恒川光太郎

    Excerpt: 秋の牢獄 楽しみにしていた恒川さんの新刊。秋を過ぎ、春になってやっと読むことができました。かなり期待して読んだんですが、期待は裏切られませんでした。恒川さんの描くこういう世界、すごく好きです。こ.. Weblog: 本のある生活 racked: 2008-03-14 21:06
  • 秋の牢獄 恒川光太郎

    Excerpt: 秋の牢獄 ■やぎっちょ読書感想文 迷い込む異界と日常化 恒川さん「夜市」に続き2冊目。「夜市」収録の2編とこの「秋の牢獄」3編中2編が迷い込む異世界を舞台に進みます。 夜の市、古道、そ.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-06-16 15:58
  • 秋の牢獄(恒川光太郎)

    Excerpt: いよいよ恒川さん既刊本で最後の1冊となってしまいました。あ~読むのがもったいない;;;と思いつつ、ワクワクと期待しながら読みました。 Weblog: Bookworm racked: 2008-09-25 10:02