「インディゴの夜(創元推理文庫版)」 加藤実秋

インディゴの夜 (創元推理文庫 M か 5-1)インディゴの夜 (創元推理文庫 M か 5-1)
加藤 実秋

東京創元社 2008-03-11
売り上げランキング : 37724

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前に読んだ作品の文庫版です。
基本的に好きな作品は単行本で買うので、文庫だけ持つってケースは少ないんですがこれは特別!だってこのジャケ絵ですよ!?…って画像が出てこねえし。amazonメ!!(以下省略)

ええい、見てもらわないと話が始まらないんで東京創元社さんのとこで見てみてください。
http://www.tsogen.co.jp/np/detail.do?goods_id=3822

…ね?かっこよくないっすか??
最初のよりさらに、というかはるかにいいんですけど!ていうかこんな男子がホストならあたし貢いじゃうかも。キャー。そして会社の金使い込み→解雇→家族離散とかなんとか転落人生ルートへ…?(←止まらぬ妄想)

ま、このイラストレーターさんは前からずっと好きって話なんですけどね。ワカマツカオリさんという同年代の方です。HPは→http://www.graffiti-bunny.com
毎度新作見るたびにかっこいいなーと唸ってます。いつか原画展とかも行きたいものだ。
今回うれしかったのは、表紙だけじゃなくて扉絵も描いてくだすってたこと!ああもう宝物だな…それがこんな低価格で手に入るなんてねえ。世の中も捨てたもんじゃないな。

気持ちがものすごーく盛り上がってるのに加え、またしても内容をほっとんど覚えてないのでこれを機に再読したい……のはやまやまなんですが、ただいま図書館本を抱えすぎて泣きが入ってる状態なので、もう少し落ち着いたらページを繰りたいと思います。
思い出すたしになるかと以前書いた感想
http://kanata-kanata.at.webry.info/200511/article_11.html
読んだところ、あらすじにはほとんど触れてないので全然役に立ちませんでした。
しかしこれ読んでかれこれ2年半も経つのか?おどろきだな。書いてる文章あんまり進歩してないっつうのにね。


続巻でも同じワカマツさんのイラストを見られることを願って。
心のお百度参りをしとこうと思います。

インディゴの夜 (創元推理文庫 M か 5-1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 加藤実秋【インディゴの夜】

    Excerpt: 主人公の「高原晶」(たかはら・あきら)は男みたいな名前だが、女性のフリーライターであり、ホストクラブ ≪ club indigo ≫ のオーナーでもあ�... Weblog: ぱんどらの本箱 racked: 2008-03-24 12:42
  • 【小説感想】 「インディゴの夜」(加藤実秋)

    Excerpt: 「ホスト探偵団」っていう帯のキャッチに騙されました(笑)「お前は一人ぼっちじゃないんだよ。自分で考えてるよりずっと幸せなんだからな!」「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれ.. Weblog: 読書とジャンプ racked: 2008-04-17 22:19