「走ることについて語るとき僕の語ること」 村上春樹

走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹

文藝春秋 2007-10-12
売り上げランキング : 1502

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
専業作家としての生活を始めて以来、世界各地で走り続ける村上春樹。走ることは彼自身の生き方をどのように変え、彼の書く小説をどのように変えてきたのか? 自分自身について真正面から綴った画期的書き下ろしメモワール。

村上さんのエッセイは初めて読みます。
それも、今回のテーマは「走ること」。
小さい頃から走るのが苦手で、毎年運動会の前日には念をこめてさかさてるてる坊主を作っていたようなわたしなので、その行為がすきなひとの考えを読むのは新鮮でした。

しかも単に走ってるだけじゃなくて、マラソンまでやってますから。しかも年1回は参加って…
さらにさらに最近ではトライアスロンもやってると書いてあって、その鉄人作家ぶりにとってもびっくりしました。いや、勝手にインドア派な人なんだろうと決めつけていたので。

走ることばかりではなく、作家になる少し前から今にいたるまで、どんな風に考え、生きてきたのか。そういったものが静かな筆致で書かれています。

今までわたしとは結構違うタイプなんだろうな~と思っていたのに、共通点が結構あったりして、え、そうなんですか!?と新鮮な驚きを感じました。団体行動が苦手とか、お仕着せの勉強よりも自分で計画立ててやったほうが能率がいいとか。
ふむ、そしたらそのうちわたしもハルキ・ムラカミのような作家になれる?(←飛躍しすぎ)

なかなか興味深い作品でありました。

走ることについて語るときに僕の語ること

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック