『君に届け』 椎名軽穂

君に届け 6 (6) (マーガレットコミックス)君に届け 6 (6) (マーガレットコミックス)
椎名 軽穂

集英社 2008-03-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いまやもう超・人気作品なんで、あえて紹介するまでもないんですけど。

実は一番ハマってたのは去年で、今はわりと落ち着いて読めてます。いや、盛り上がってるときに書くとあとで赤面もののナニになるだろうと思いまして。感想書くの自制してました。
だってこの年のオンナが少女漫画にトチ狂ってるのってどうなのよと。自分の中の第三者がそういうんですもん…今考えると正解でしたね。止めてもらってよかったわ。

まあ知らない人もいるでしょうし、あらすじを簡単に書きますと。
とあるところにとてもピュアで前向きでかわいい女の子がいるんですが、見た目が陰気すぎて友達がいないんですよ。本名の「爽子」も間違えて「貞子」(←リングのアレ)とか覚えられてる始末で。ま、だからといってそんなんでくさることもなく、けなげに日々生きてるんですが、そんな爽子が高校の同級生である風早くんと触れあうことで、徐々に世界が変わっていく……とかそんな感じです。現時点ではラブ度が強めになってます。

爽子がかわいいんですよね。
そしてわたし、たぶんこの作品の肝って1~2巻だと思います。いや、いまもおもしろいんですけど、やっぱり恋愛ベースになっちゃうとそれはもう他で見たことあったりするしね。
新しく友達ができて、でも誤解やすれ違いで壊れかけて……のくだりはとてもいいなと思います。このあたりで泣いてしまう中高生も多いようです。わたしはもうそこまで純粋じゃないのか泣くまではいかなかったですが、それでもじわんとしました。

そして風早くん。かっこいいっすわ。もともとの絵柄が好みってせいもあるんでしょうね。
読み始めた当初はキャーキャー(内心で)言ってたんですが、最近その気持ちの正体がわかりました。あれだ、「息子にこんなん欲しい」。ふふ、またしても一定年齢を超えた女の発言。
こんな子供いたら、バレンタインのたびに帰宅した息子のかばんを見て心で「ふっふっふっふ…」と笑ってみたり、「もてる男のタシナミ」なんつって鞄にコン○ームしのばせたりするんだろうて(←ヤな親)。
このふたりがもじもじ触れあうの見てるとなんか胸が苦しいです。
この当時の自分、何やってた!みたいな。いいよな携帯のある青春……
携帯持ってたらあの時の展開絶対変わってた。ううう……

ってまた脱線してってるんで話戻してっと。

男の人にも十分楽しめます。胸がきゅんきゅんする率も相当高いです。
昔の少女漫画のほうがよかったよなぁ…と思ってる人にも、おすすめです。
ま、とりあえず1巻読んでみてください。


一番盛り上がってるときに、とあるSNSのファンコミュニティで立候補して感想書いたことがありまして。今でもどっかに残ってるのかな……ワールドワイドウェッブのどこかで、これより熱い感想が見られるやもしれません。
けど別に探さなくていいんで!そっとしといてください!!
なんかイキオイで書きあげて渡したラブレター並にこっぱずかしいな、こういうの(*>_<*)
慣れないことはするもんじゃないよ……

君に届け 6 (6) (マーガレットコミックス)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック