「福袋」 角田光代

福袋福袋
角田光代

河出書房新社 2008-02-15
売り上げランキング : 25907

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない…。謎で不可解な届け物や依頼、同僚、夫など身近な人の不可解さに出くわす8つの連作小説集。


ひさしぶりの黒い角田さんです。いや、黒いってほどでもない?でも白くもないし。グレー角田くらいでしょうか。
「福袋」って言葉にはなんか目出度いだとかお得だとかプレゼント的なイメージありますが、ラストの短編「福袋」に書かれてあるのが一番リアルで正しいものなんでしょうね。ごちゃごちゃいるものいらないものいろいろ入ってるけど、まるっと受け入れてそれで生きてくという……実際にはいらないやつだった場合にはネットオークションでたたき売る人もいますけど。

8篇中一番印象的だったのは、「白っていうより銀」。この主人公に感情移入できすぎてビビりました。感情移入どころか、主人公が感じているだろう暑さだとか、したたりおちる汗や、駅のホームが日に炙られてまぶしい感じがリアルに体験できたというか……同じ状況に陥ったことなんかないのに、なんででしょうね。今近くに赤ちゃんがいるからなのかなあ。胸をぐぐっとつかまれました。

一番、と書いたもののほかのもそれぞれ印象的なんです。角田さんの描く作品ってなんでこんなにリアルなんでしょう。しかも嫌な感じに。そこまでリアルじゃなくていいよ!ってところまでわかっちゃうんですよね。「犬」に描かれた彼女の狂気も、「母の遺言」のお母さんの後ろ姿も、「フシギちゃん」の探求心(?)も。普通に何気なく書いてあるようにみえるのに、きっちりこのざらざら感を心に残すあたりが角田さんらしいなあ。

表紙絵の素敵さにつられて手に取ってしまうと、ちょっと「うぉ」と思うかもですが。読んで損はないかと。

福袋

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「福袋」角田光代

    Excerpt: 福袋 角田光代 JUGEMテーマ:読書 私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない…直木賞作家が贈る8つの連作小説集。 角田さんらしい、キ.. Weblog: ナナメモ racked: 2008-05-01 10:41
  • 福袋

    Excerpt: JUGEMテーマ:読書 私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない……八つの短篇を通して直木賞作家が描く、心と人生のブラックボックス。話題の連作小説集。河出.. Weblog: ぼちぼち racked: 2008-05-01 21:44
  • 「福袋」角田光代

    Excerpt: 福袋 ファンシーな表紙にまたもやだまされました。タイトルからして福々しいので「Presents」みたいな白角田さんかと思ったんです。でもこれは黒まではいかないけれど、グレー角田さんでした。8つの.. Weblog: 本のある生活 racked: 2008-05-30 22:23
  • 『福袋』 角田光代

    Excerpt: 『福袋』 角田光代私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない…。8つの短篇を通して直木賞作家が描く、心と人生のブラックボックス。何が入っているんだろうとワクワ.. Weblog: *モナミ* racked: 2008-06-21 12:28