「吉野朔実劇場」を何冊か。

お父さんは時代小説が大好き―吉野朔実劇場 (吉野朔実劇場)お父さんは時代小説が大好き―吉野朔実劇場 (吉野朔実劇場)
吉野 朔実

本の雑誌社 1996-12
売り上げランキング : 322377

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お母さんは「赤毛のアン」が大好き―吉野朔実劇場 (吉野朔実劇場)お母さんは「赤毛のアン」が大好き―吉野朔実劇場 (吉野朔実劇場)
吉野 朔実

本の雑誌社 2000-01
売り上げランキング : 349325

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
本は心のごちそう。さまざまな分野の本を、マンガ形態でさまざまな楽しいエピソードを盛りこみながら親しみやすく紹介。本を生活の中の一場面において、ストレートな感性で綴る。『本の雑誌』『ユリイカ』連載の単行本化。


吉野朔実さんといえば『少年は荒野をめざす』が有名ですが、実はまだ読んだことありません。最寄の図書館にはなぜか1巻だけ欠けているし……ってことで、次に気になってたこのシリーズに手をつけました。

自他共に認める本好きであらせられる吉野さんが読んだおもしろい本、そうでない本の紹介と、本にまつわるこまごまとしたことが書かれてるイラストエッセイ?ってくくりでいいのかな。本好きならばきっと楽しめるはず。
本の雑誌に連載されてるおはなしだしね。

何がうらやましいって、吉野さんの周りにこんなに本好きのお友達がいることですよ!そりゃもうわらわらと、吉野さんに負けず劣らず読書量の多い人たちが。ネット上でこそいろいろ交流させていただいてますが、身近にはわたしほど本本本!って言ってる人、あまりいないもんで……えぇ。やはり漫画家さんだと編集者さんとのおつきあいが多くて、編集者さん≒本好きな人、だからでしょうかね。
あとお友達が豪華でした。なんつっても穂村さんがいらっさるのがもう!あと吉田戦車さんとかもびっくりでした。

どちらかというと海外ミステリをよく読まれてるようなので、今まで読んだことない本ばかりが紹介されてるんですけれど…それがおもしろそうでおもしろそうで!どれから読んでみようか悩むところです。
とりあえずあれですか。「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を読んでおくべきですか??そう、そういう有名どころがすっぽりぬけてるんです。吉野さんを他人とは思えません。

このシリーズどうやらどんどんと続いているみたいです。
読めば読むほど読みたい本が増えてまさに地獄絵図を呈してくる予感もしますが、おもしろいのできっと読んでしまうでしょう。そして首が真綿で絞められていくのだわ。主に自分の手で。

勉強と家事と(仕事と)読書と。両立する手段ってあるんですか?誰か知ってたら教えてプリーズ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック