「武士道セブンティーン」 誉田哲也

武士道セブンティーン武士道セブンティーン
誉田 哲也

文藝春秋 2008-07
売り上げランキング : 1007

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
スポーツと剣道の、暴力と剣道の狭間で揺れる17歳の剣道女子、柔の早苗と、剛の香織。2人は別々の場所から武士道の本質に迫っていく。「武士道シックスティーン」の続編。

でました続編。もうしばらく出ないかと思ってたのでうれしさもひとしおです。
そして明日試験だっつうのに、おまけに親知らずが腫れてて痛いっつうのに(関係ない)、夜っぴて読んでしまいました…だっておもしろかったんだもの!!

前作ラストで九州に引っ越ししてしまうことになった早苗。なので今作では新しい学校での早苗の様子と、神奈川でそれまでと同じく剣をふるう香織のそれぞれの話が描かれてます。場所から雰囲気から全然違うわけですが、そしてそれらが10数ページごとに切り替わるわけですが、それが全然不自然じゃないし、読みやすいんですね~~(故・水野さん風に)。おまけに今回はまさかそっちが早いとは…!と誰もがびっくりするであろう香織のほうに、彼氏誕生!?てな要素まででてきてドキドキです。しかも香織、後輩にもえらい好かれてて百合的なアレもあったりなかったり。香織、モテモテ。

逆に早苗の方はちょっと今回気の毒な感じになってます。自分の信じる「剣道」と、新しい学校の「剣道」のギャップだとか、変な先生からいやがらせされたりだとか……。芯は強い子ですが、やっぱりいろんなことが重なると凹みますよね。それを救うのはやっぱりあの人なわけですが。だから今回はどっちかっていうと香織・オンステージ!みたいなところがあるかもしれません。あ、でも最後の決闘シーンは早苗もかっこよかったな。

この作品はエンターテインメントに徹しているので、物語に深みがないとかいう意見もあるようですが、わたしはこれで十分だと思います。よくわかんないけど、剣道ってなんだかおもしろそうだな。って思わせる力はすごくあると思うし、武士道とは、剣道とは、っていうところも誉田さんなりに真摯に考えて書いてらっしゃるように思うんで。

個人的にとても好きなこのシリーズ。「エイティーン」も出ますよね、出ますよね?それを楽しみに待ちたいです。

あと表紙なんですが、読む前はどっちがどっちやら…と思ってたこのふたり、読み終わるとどっちがどっちか一目瞭然になるのも楽しかったです。いや、前作覚えてる方は簡単にわかると思うんですが。この目つきとか口元とか、足の開き具合だけでわかっちゃうもんな。イラストの長崎さん、グッジョブです!!

読んでまた気持ち盛り上がってしまったので、前作をまた図書館で借りてしまったわたくし。しばらくこの「武士道」シリーズにハマりそうです。…っていうかその前に勉強せな!あわわわゎ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ?????????? - ????

    Excerpt: ?????????? ?? ?? ???:2008/07�|�??:�1,550�|�amazon????? ????????????????????????????????????????.. Weblog: aimy.moco -?????- racked: 2008-08-11 00:49
  • 『武士道セブンティーン』/誉田哲也 ◎

    Excerpt: 書店で平積みになってるのをみて「あれ?なんで表紙が青いの?」と思った私は、相当マヌケです。 水無月・Rよ、ちゃんと、タイトルを読め。 『武士道シックスティーン』じゃないって。『武士道セブンティーン.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-08-28 21:58
  • 武士道セブンティーン

    Excerpt: JUGEMテーマ:読書 スポーツと剣道の、暴力と剣道の狭間で揺れる17歳の剣道女子、柔の早苗と剛の香織。2人は別々の場所から武士道の本質に迫っていく 福岡の剣道強豪校に転入したお気楽不動心.. Weblog: ぼちぼち racked: 2008-09-05 21:28
  • 武士道セブンティーン(誉田哲也)

    Excerpt: 「武士道シックスティーン」の続編。 Weblog: Bookworm racked: 2008-09-13 10:18