「ぼくは落ち着きがない」 長嶋有

ぼくは落ち着きがないぼくは落ち着きがない
長嶋有

光文社 2008-06-20
売り上げランキング : 14880

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出版社 / 著者からの内容紹介
人って、生きにくいものだ。
みんなみんな、本当の気持ちを言っているのかな?

青春小説の金字塔、
島田雅彦『僕は模造人間』('86年)
山田詠美『ぼくは勉強ができない』('93年)
偉大なる二作に(勝手に)つづく、'00年代の『ぼくは~』シリーズとも言うべき最新作!
「本が好き!」連載中に第一回大江健三郎賞を受賞したことで、ストーリーまでが(過激に)変化。
だから(僕だけでなく)登場人物までがドキドキしている(つまり落ち着きがない)、
かつてみたことのない(面白)不可思議学園小説の誕生!
* ( )内は作者談


うわー、なんかこの↑あとに感想書きにくいんすけど。面白不可思議学園小説かぁ?いや、おもしろかったんですけどね。

とある高校の、図書室を仕切った部室で活動する「図書部」。図書委員ともまた別で、でもやってる仕事は委員のそれとかぶることも多いそんな彼らのゆるーい脱力文科系部活ライフ。とでも言ったほうがまだ正しいような気が。

図書部のひとたちはそれぞれ仲がいいんですが、各々はクラスでちょっと浮いてたりとかいろいろあるらしくそのへんの描き方もうまかったです。あ、こういう子っていたわ。とかね。
でもそんな子たちの個性もまるっと包み込んで、みなで仲良く地味な部活をやってる様子がね、ほんとよかったです。こんな部活あったら入りたかったなー。

図書部でなくて委員でもよかったんですが、なぜかわたしは学生時代図書委員になれることがなく。妨害にあったり(他の委員に他薦されたりとかな)、じゃんけんに負けたり。すげえなりたくてなれなかったぶん、今でも図書委員て言葉には心ときめくものがあったりします。
だからこのお話でサボりまくってる委員の連中を見るにつけどなりたい気持ちで一杯でしたね。
「なれなかったやつの気持ちも考えろ!」と。まったく。自分のめぐまれっぷりに気付けっつうの。

大きな事件なんかはないですが、なんだか妙におもしろいお話でした。以前こういう文科系部活に入ってた人なら、さらに楽しめるかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック