「アート少女―根岸節子とゆかいな仲間たち」 花形みつる

アート少女―根岸節子とゆかいな仲間たち (TEENS’ENTERTAINMENT 2)アート少女―根岸節子とゆかいな仲間たち (TEENS’ENTERTAINMENT 2)
花形 みつる

ポプラ社 2008-04
売り上げランキング : 194657

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
実力派の3年生が卒業して、美術部の部長になった節子。残った部員は超個性的な面々ばかり。しかも、校長に目をつけられ、次々に難題をつきつけられて…。熱い文系部活の青春学園ストーリー。

前に読んだ「ぼくは落ち着きがない」が脱力系なら、こちらは熱血文科系!
美術部なんて名前だけ聞いたら優雅な感じですが、このひとたちのそれは全然そうじゃなく。部室をとりあげられ、部費を没収され、しょうがないから(?)と金儲けしたら、最後にゃ「お前らダメすぎ。廃部するか?」と言われる始末。
一生懸命部活に、アートに邁進しようとしてるのにアレコレ文句をつけられる彼らなわけですが、切れかけたりしつつも、それでもしぶとくあきらめない、その姿勢はすっごい立派です。

ま、あきらめないのは主に部長・根岸節子その人なんですが。
節子はメンバーでも一番目立たないタイプ(なはず)なのに、たぶんこいつだからこそこの超個性派メンバーを束ねられるわけで。そんで、彼らを動かす源になるのも節子。さすがタイトルに名前入っちゃってるだけのことはあります。
中2なのにものすごいアートの知識があったりするあたりもあなどれません。あと人を言いくるめる話術なー。この子現時点でも即戦力として使えると思う、いろんなところで。

話の展開は結構王道なんですが、それでもかなり楽しく読めました。最後の「彼」の帰還のシーンなんて思わずうるっとしたし。続編強く希望です!

そしてその前に、事前に発売されてたという短編集を読まねばならんな。できれば一緒にこの本に収録しといてほしかった……。ま、楽しみが残ったっつうことで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック