「蟋蟀」 栗田有起

蟋蟀蟋蟀
栗田 有起

筑摩書房 2008-09
売り上げランキング : 9358

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
「あああ、もう、たまらないわ。先生。先生。これから連続側転するから、見ててください」 大学助教授と秘書の恋を描いた「あほろーとる」など、生き物をモチーフにした、可笑しくて、そして悲しくもある不思議な10の物語。

とても久し振りの栗田さん。なつかしや…と思って読み進めましたが、あの変さは今も健在でした。うれしいかぎりです。たとえそれゆえ感想が書きにくいとしても。

生き物がモチーフになってるとしても、その生物からよもやそんな話が思いつきますか!?ってな話が多いです。一番すっとんきょうな話はどれだったかなぁ。わたしは「さるのこしかけ」あたり推したいところですが。恋人に裏切られたあげく、雷による感電死を目指して山伏の格好して山に登り、そこで○○に求婚されるとかさー。すごすぎ。

「蛇口」はちょっと江国香織さんの雰囲気に似てるなと思いました。

どれもテンションは低いものの、熱気のある話はとても熱気を感じますし、逆に静かな話はすごく静謐です。
ラスト3編は結構静かで、今自分がローな分読んでて心地よかったです。最後の「ユニコーン」にいたっては、読んだあと元気すらもらえましたから。静かな話なのに!仕事がんばろう、と思えるような。いや、別にお仕事小説でもないんですけど……ああでも読み方によってはこれも立派なお仕事小説なのかも。

堪能いたしました。ファンの人はお早めに。また不思議ワールドを厭わない人にもおすすめしたい1冊です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「蟋蟀」栗田有起

    Excerpt: 蟋蟀 栗田 有起 JUGEMテーマ:読書 生き物をモチーフにした10の短編。おとぎ話ではありません。位相を変えて眺めれば、人間の真実が透けて見える。可笑しくて、そして悲しくもある不思議な.. Weblog: ナナメモ racked: 2008-10-26 21:27
  • 「蟋蟀」栗田有起

    Excerpt: 蟋蟀(2008/09)栗田 有起商品詳細を見る 「サラブレット」「あほろーとる」「鮫島夫人」「猫語教室」「蛇口」「アリクイ」「さるのこしかけ」「�... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2008-10-30 12:45