「辛い飴」 田中啓文

辛い飴―永見緋太郎の事件簿 (創元クライム・クラブ)辛い飴―永見緋太郎の事件簿 (創元クライム・クラブ)
田中 啓文

東京創元社 2008-08
売り上げランキング : 181124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
名古屋のライヴハウスに現れたという伝説のブルースマンにまつわる謎、“密室”から忽然と消失したグランドピアノの行方…。表題作など全7編を収録。ライヴ感溢れる「日常の謎」的ジャズミステリシリーズ第2弾。


2年前に読んだ「落下する緑」の続編です。今回は味つながりの短編集。でも味って色よりも種類少ないよね…と思っていたら、作者もあとがきで、その少なさに困ったって言ってました。最後の「淡白な毒」なんて味じゃないもんね。いやぁそうといえばそうだけど…微妙?

今回も全編通してジャズに対する愛があふれまくってます。
○○の楽器がああしてこうして、そのメロディーがいつしかジャズファンでない人の心も揺さぶり歓声を呼ぶ…てなシーンがいくつかあるんですけど、正直その盛り上がりがまるっきり想像できなかったので、ポカーンとなってました。ていうかそのあたり読み飛ばしてるし。いけませんね…最近読書に対する真摯な姿勢が失われてきている。気のせいじゃなく!

謎自体は結構おもしろいです。田中さんらしいというか、ちょっと「それはどうよ?」と苦笑いしそうなものもあったりしますが、こういうしゃれはそうきらいではないので。「甘い土」かな……? !!!

と、ここまで書いたところで。すみません、ワタクシ、何をどうしたものか、表題作の「辛い飴」だけ読んでないことが判明いたしました。あわわわ…返す前に気付いてよかった~~。

とりあえず現時点で好きなのは、というか印象に残ったのは「甘い土」ということで。それを「辛い飴」が上回るようだったら、またこの下にあとで書き足します。

前にも書いたと思いますが、ジャズ好きな人の感想を聞いてみたい作品です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック