「サポートさん」 日向蓬

サポートさんサポートさん
日向 蓬

集英社 2008-08
売り上げランキング : 33076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
悪い男、ダメ男、できる女、弱い女…。人生の落とし穴に嵌ったどうしようもない男たちと、彼らに関わることで人生の新たな扉を開く女たちの姿を描く8話。軽くないし甘くない、けれど軽快で爽快な読後感の短編集。

なんだったっけなぁ。mixiでいい!って言ってる人がいて、それで興味を持って借りてみた作品。
でも正直、一話目で主題作でもある「サポートさん」を読んだだけでもうくじけそうでした。
だってあまりに黒いんだもの!!!!!そんなふうにけなげに生きてる君がなにがどうしてそんな選択!?てな感じがなーもうなー。救いがなくて。

ここでやめてひっそり返そうかと思ったんですが、いやいや一話で評価するのもなにだろうと思い、二話目も読了。二話目の感想は「おおおおおおお~~……そう来たか~~」でした。こっちも黒いっちゃ黒いけど、なんか笑えてこれならOK!?と、とりあえず最後まで読了。

そしてわかったのは、最初こそ黒いもののあとはそうでもない話たちでした。けれどけして上の内容説明にあるような「軽くないし甘くない、けれど軽快で爽快な読後感」でもなかったような。誰だこれ書いたの?それか、わたしの読み方に問題があったのかしらん。

なんつうか、一言でくくれない魅力の8話でございました。好きとは言い切れないけど、印象に強く残るようなそんなお話が多いです。とかっつってすでに7話目の「紳士協定」がどんな話だったか忘れているわけですが(台無し)。
一番上の説明っぽい話ってどれかなぁ。「総領の甚六」かしら。結婚3か月目にして愛妻に家を出て行かれ、猫をよりどころに暮らす男の話なんですが…いやーこの男。いまどきいるか?と思いつつでもやっぱりいるな!!と考えを訂正。ラストの落とし所もきれいです。男の人が読んだら怖いと思うんじゃないかなー。

どの話も地味ながらも妙なインパクトがあります。イヤなおもしろさがあります。好きな人は相当好きだろうと思うこの作品。黒いのも兵器、じゃない平気って人いらっしゃいましたらどうぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック