「美女と竹林」 森見登美彦

美女と竹林美女と竹林
森見登美彦

光文社 2008-08-21
売り上げランキング : 1578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
美女と竹林。それは、自分がやみくもに好きなもの。竹林を拝借した作家は、将来の多角的経営を夢見る。だが、美女はどこだ? 虚実入り混ぜて綴る、妄想と執筆に明け暮れた多忙にして過酷な日々。『小説宝石』連載を単行本化。

途中まで小説なんだかエッセイなんだかもよくわかってなかったんですが、結局は森見節全開のぐだぐだエッセイでございましたね。いや、笑わせてもらいました。「夜は短し~」とかで薄まった気がしてた腐臭、もとい男臭がだだもれてて。そりゃあなあ。人生かけて醸成してきたもんが、1つ作品書いたくらいじゃ薄まりませんよね。

竹も美女もほとんど関係なく書かれててこのタイトルなのもいっそすがすがしいというか。
いや、竹は結構書かれてはいるのか。実際にからんでないだけで。ひとんちの竹林借りて、そこの伐採なぞを目論むも目の前の仕事に忙殺されているうちに年月はすぎ…でも妄想は果てしなくふくらみ…てなことが。
実際竹林に行ったのって何回?片手で数えられるくらいですか?
しかもひとりでは行かない。だってさみしいから。というこのだめぶり。いやあ、森見さーん!!(←無闇なよびかけ)

美女は、ああ。途中本上まなみさんと対談してるシーンがあったから、あれか。
しかし一般人のころからあこがれの人と対談できるっていいですよね。有名人の特権!いーなー。
わたしだったら誰と対談したいかなあ。俳優さんとかより、作家さんや漫画家さんがいいかも!
ってひとしきり妄想したりいたしました。いかんいかん、どうもこの本読んでると妄想力がたくましくなって!
え?他人のせいにするな?すみません。

森見さんファンならぜひ読んでおきましょう。とくに「太陽の塔」好きな人にはおすすめ。

あと最後にひとつ。わたしも鍵屋さんご母堂作の「歯ごたえのあるケーキ」一回食べてみたいっす!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 『美女と竹林』/森見登美彦 ◎

    Excerpt: これをエッセイと言うべきか否か、非常に迷うところではある。 ・・・だってさ~。森見登美彦さんの妄想大暴走で、事実を綴ったものとは言い難いではないですか(笑)。虚実入り交じりとは、この本のためにある言.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-11-06 21:57
  • 美女と竹林(森見登見彦)

    Excerpt: 著者が「竹林伐採」に挑むというエッセイ集。 ・・・でいいのか?本当にいいのかっ!?と、何度も確認したくなるような、エッセイというより妄想小説のような感じ(笑) Weblog: Bookworm racked: 2008-11-13 14:37