「平台がおまちかね」 大崎梢

平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)平台がおまちかね (創元クライム・クラブ)
大崎 梢

東京創元社 2008-06
売り上げランキング : 161757

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
自社本をたくさん売ってくれた書店を訪ねたら、なぜか冷たくあしらわれ、文学賞の贈呈式では受賞者が現れない…。個性的な面々に囲まれながら波瀾万丈の日々を奮闘する、新人出版社営業部員・井辻くんのハートフル・ミステリ。

一度借りて読めず(またかい)、再チャレンジで読了。
リクエストしてもなかなか回ってこないし、大崎さんすっかり売れっ子作家になっちゃいましたね。

今回は出版社営業のひつじ、もとい井辻くんが主人公です。
書店が舞台っていうのもすっかり定着した感がありますな~。本屋さん主人公じゃなくても、書店をめぐるお話って結構つくれるもんなんですね。なんだろ、次は客が主人公か?(←安易)

まあ、えーと話を元に戻しますと。井辻くんが巻き込まれるささやかな、時には慌てふためくような困りごとや謎を、傍で見たらただの人に見える井辻くん自身がコツコツと解決してゆく物語たちです。
どれがおもしろかったかなー。5編どれもそれなりのレベルなので選ぶの難しいですが、やっぱり一番凝ってた「ときめきのポップスター」ってことにしておこう、うん。

ミステリ要素はもちろん楽しめるんですが、そのほかにも書店の営業さんの仕事が詳細につづられてあって、そこの部分も楽しめました。営業なんて仕事絶対自分には向いてないけど、それでもどうしてもやらなきゃいけないのなら本関係だな。と勝手に思ってたんですが、全然甘いもんじゃなかったです。当たり前ですが。
それでも大変そうですけど、やりがいあって楽しそうだと思うのは読みが浅いですか?

あと中で紹介されてた「埋もれてるけどおもしろい本」てのがどれもよさそうで、どれか実際読んでみたくなりました。ってそんなこと言ってばかりで全然実行できてないんですけど…来年こそは!(来年かい!!)

井辻くんも周りのメンツもキャラたってたし、これでまだまだお話つくれそうなんでシリーズ化しますかね?
続きが楽しみな本にまた出会えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 平台がおまちかね(大崎梢)

    Excerpt: うわぁぁっ!これはフェイントだよぉーぅ;;;とティッシュの箱を引き寄せたのは、職場の昼休み時間のこと・・・。 出版社の新人営業マンのお話ってことだったから、てっきり新人ちゃんのドタバタ喜劇だと思って.. Weblog: Bookworm racked: 2008-11-13 14:43
  • 大崎梢『平台がおまちかね』

    Excerpt: Weblog: itchy1976の日記 racked: 2010-11-12 20:08