「薄妃の恋―僕僕先生」 仁木英之

薄妃の恋―僕僕先生薄妃の恋―僕僕先生
仁木 英之

新潮社 2008-09
売り上げランキング : 40668

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
小生意気な美少女仙人と、気弱な弟子の王弁くん。今度の旅で出会ったのは、恋に焦がれた少女の想いが妖異に姿を変えた薄妃……。中国冒険ロードノベル、シリーズ第2弾。

出ましたね続編。「僕僕先生」がきれいな終わり方してるんで、つづきはないと思っていただけにうれしいです。

相変わらずのとぼけた感じの王弁くんがいいし。
そしてなにより、僕僕先生と王弁くんのじゃれあいが楽しいです。
前回の話で成長したはずの、ていうか前回の旅のあとの5年間にもどうやらいろいろあったはずなのに、妄想力はとどまることをしらず、「いったい君はどこが成長したんだ」と僕僕先生でなくてもつい言いたくなるような王弁くん……。きみはきみのまま、そのままつっぱしってもらいたいっ!

中国の昔の話というと、どうしてもどろどろした感じとか、残酷な描写があったりするのが多い(偏見ですか?)イメージがあるんですが、このシリーズはのほほんとしててそういうのがないのも読みやすいです。
いや、よーく読むとあるんですけど。薄妃の話とか。あと黒卵の話とか。
それでも、そんなシーンがあったとしても読後感は決して悪くないのはなんでなんでしょうねぇ。
…やっぱり王弁くんの人徳?

珠鼈とか薄妃とか、あとなんだっけ狸みたいな家みたいなやつ。ああいう周りをとりまくキャラもいいです。

今後のシリーズも楽しみですねぇ。
はたしていつごろ王弁くんは自らの熱情を僕僕先生に受け止めてもらえるのか!?
……シリーズ終わるころにはなんとかしてあげたいなぁと切に思うところでありますが。
でも僕僕先生の正体がどんななのかにもよるよね。総白髪のおじいちゃんと王弁くんのラブシーンなぞ見たくないしなぁ。
仁木さん、どうぞ王弁くんが哀しい思いをしないように、ひとつよろしくお願いしますです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「薄妃の恋 僕僕先生」仁木英之

    Excerpt: 薄妃の恋―僕僕先生クチコミを見る 前作もおもしろくて続編が出たら読もう!と思ってましたが、短編集になってさらにテンポよく楽しくなって戻ってきてくれました。次々と現れるキャラもとても楽しかったし、.. Weblog: 本のある生活 racked: 2009-01-06 22:18