「銀河不動産の超越」 森博嗣

銀河不動産の超越銀河不動産の超越
森 博嗣

文藝春秋 2008-05
売り上げランキング : 119746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
危険を避け、できるだけ頑張らずにすむ道を吟味し、最小の力で人生を歩んできた高橋青年。彼の運命を変えたのは、入社した「銀河不動産」だった。次々に訪れる変わった客。ついには運命の女性までが…。

久し振りの森作品に手を出してみました。例のあのシリーズほっぽらかしてますが。
えーと、これも前に読んだ「どきどきフェノメノン」みたいに、普段の森さんじゃないところを楽しむ作品、として理解していいんですよね?よね??

省エネで人生を渡ってきた高橋くんが主人公です。省エネというと、古典部のホータローが有名ですが(わたしの中で)、高橋くんはもっとこう筋金入った感じでしたね。もう存在するだけで疲れてる感じが。
そんな彼が銀河不動産という会社で出会った顧客の人たちと繰り広げるコメディです。コメディなのかなあ。「わらしべ」的なアレで(ってどれだ)、物語はどんどん進んでいきます。

これはもうあまりむつかしいこと考えねーで、流れに身を任せてゆるりと楽しむお話なんでしょうなあ。

そうやって楽しまないと、最終章の唐突さについていけない気がするし。え、ええっ!?てな展開ですから。ええ。

ご都合主義といわれればそれまでですが、まあ高橋くんが省エネながらも誠実に、真面目に仕事をしていた結果こうなったんだということで。

読んでたらなんだか引っ越ししたくなりました。てのはわたしだけかもしれません。
まあ高橋くんちみたいなんでなくてもいいんですが、風呂は追いだきできるのがいいなぁ……とか、はてしない妄想の世界に入るので今宵はこのへんで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック