「プラスマイナスゼロ」 若竹七海

プラスマイナスゼロプラスマイナスゼロ
杉田比呂美

ジャイブ 2008-12-03
売り上げランキング : 126553

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容紹介
はじまりは、落ちてきた一匹の蛇だった-。「なんか最近、アタシら死体に縁がねーか?」 成績優秀のお嬢様テンコ、不良娘ユーリ、歩く全国平均値ミサキの凸凹女子高生トリオが、海辺の町・葉崎を駆け抜ける!

というわけで、待望の若竹さんの新刊です。ほんと、待ちわびましたよ!
でも検索してみたら他にも読んでないのがあるっぽい。そっちも読まねば。

話戻してと。今回もまた軽妙なミステリでございました。しかも今回は女子高生3人が主人公だから贅沢です。そのうえタイプもばらっばらですからねえ。凸凹□コンビというのがただしいのかな?と思います。

まるっきり性格も外見も違うけれど、なぜか気の合う3人娘。
つるんでるとよく死体に出くわすわけですが…という短編が5つ収録されています。
全部が全部とはいいませんが、死体に出くわしまくる、これってやっぱりテンコのせいによるところが大きいんじゃないかと。この子の不運ぷりたるや、読んでて涙を禁じえません。
そんなに不運の申し子なのに、「神は愛する子にこそ試練をあたえたもう」(だっけ?)という格言を信じてけなげに生きてるわけですよ。うう。ええ子や。
そんなテンコだからこそ、ユーリもミサキも友だちでいるんでしょうがね。

最初の死体に出会ったときから、割と平静だったこの3人はかなりの大物だなあと思いました。
それとだいたいの謎解きを、頭脳明晰なテンコさんじゃなくミサキちゃんがするあたりがなんかいいなと思いました。

あとお馴染み葉崎のまちが舞台なので、過去作品の登場人物も出てるような…気がしたんですけど、お察しのとおり過去のあれこれをきれいに忘れているので思い出そうにも浮かばず。悔しい思いをしました…

今年は時間があったら若竹さん祭りを開催したいです。って前にも辻村さんのとき言ったっけか。
新刊ばかりを追わずに既刊作をおいかけるってのもまたおつですよね?(←誰に言っているんだか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「プラスマイナスゼロ」若竹七海

    Excerpt: プラスマイナスゼロ 若竹 七海 JUGEMテーマ:読書 はじまりは、落ちてきた一匹の蛇だった-。「なんか最近、アタシら死体に縁がねーか?」 成績優秀のお嬢様テンコ、不良娘ユーリ、歩く全国.. Weblog: ナナメモ racked: 2009-02-02 07:13
  • 『プラスマイナスゼロ』 若竹七海

    Excerpt: 若竹さんは、もっともっと活躍して欲しい作家さんの一人。 でも、なかなか新作が出ないので、ちょっと寂しい思いをしています。(笑) そして、やっと出た新刊がこれです! Weblog: 書道楽ブログ racked: 2009-02-16 10:17
  • プラスマイナスゼロ(若竹七海)

    Excerpt: 「葉崎市シリーズ」ということで、早速読んでみたんですが、うーん、ちょっと期待してたのとは違ったなぁ・・・;;;という印象でした。 Weblog: Bookworm racked: 2009-02-27 05:08