「彼女について」 よしもとばなな

彼女について彼女について
よしもと ばなな

文藝春秋 2008-11-13
売り上げランキング : 1171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
由美子は、幼なじみのいとこ昇一とともに失われた過去を探す旅に出た。どこまでも暗く、哀しみに満ちた世界を最後に救ったものとは…。この世を柔らかくあたたかく包む魔法を描いた、書き下ろし長篇。

ひさしぶりに読んだ吉本作品です。
前回読んだ「サウスポイント」がどうにも感想が書けず挫折したので、今回もそうなるかもな…と半あきらめ気味に読んだんですが、いやーこれは。逆に書きたいことがありすぎで、どうセーブしようか悩むくらいです。

上記説明をみると、いつものスピリチュアル系?という印象を受けると思います。
けど今回はそれだけでは終わらないというか、むしろそれはあくまでも添え物であって、きっちり描かれてはいるんですがあまり印象に残らないような状態でして。
ちょっとそういう話は好みでないわたしには、そこがまたよかったのかもしれません。

まだ子供のころ、悲しい事件があって両親を失い、それとともにいろんなものを失い、損なわれた状態から回復していない由美子が、過去をたどるうちにそういうもろもろを取り戻していく旅を描いた作品…というとらえ方でいいんですかね。

描き方がやわらかいのでまだ読みやすいんですが、本当に救われないくらい暗い過去を背負っている由美子のその細かい部分が明らかになるところは正直読むのがつらかったです。でもそのつらさがあったからこそ、救われていく過程の光をより強いものに感じられたのもまた事実であり。

最後の「救い」だって、本当はものすごく救われてないことが前提としてあるので、読み終わった後無性に悲しかったりするんですけど、それでもとっても読後感がよいように感じるのは、…物語の力なんでしょうね。

良い話を読ませてもらいました。これは買ってもいいかもしれないなあ……

怖い話は本当に好きじゃないんですが、元ネタになったという映画も見てみたいなあと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「彼女について」よしもとばなな

    Excerpt: 彼女について よしもと ばなな JUGEMテーマ:読書 由美子は、幼なじみのいとこ昇一とともに失われた過去を探す旅に出た。この世を柔らかくあたたかく包む魔法を描く書き下ろし長篇。 .. Weblog: ナナメモ racked: 2009-01-16 20:55