「RDG レッドデータガール はじめてのお使い」 荻原規子

RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (銀のさじ)RDG レッドデータガール はじめてのお使い (銀のさじ)
荻原 規子

角川グループパブリッシング 2008-07-04
売り上げランキング : 45398

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
山伏の修験場として世界遺産に認定される玉倉神社に生まれ育った泉水子は、突然東京の高校進学を薦められる。しかも父の友人の息子で、山伏の修行を積んだ深行を下僕として一生付き添わせると言われ…。新感覚ファンタジー。

ファンタジー読むの久し振りです。といいますか、あまり好んで手に取らないジャンルです。
でも荻原さんだし!きっと楽しいに違いない!!と読んでみました。

きちんとした感想は他の素敵ブログさんにまかせておくことにして(←しょっぱなで宣言)
いやーおもしろいですよ。といってもまだ序の口なんですけど。
山の奥深いところで守られてきた15歳の女の子が、今後神になるかもしれないとかそんなお話。
でも別に宗教色がめちゃくちゃ濃いわけでもないし、読みやすいです。
神がどうとかいうよりも、とある少女の成長譚として追って行ったほうが正解かも。

その力はどうやら世界中のいろんな人やらなにやらが欲しているらしく、これから主人公の泉水子は波乱万丈な人生を歩まざるをえないわけでありますが。それもきっと楽しそうだなあと思えるのは、ひとえに深行の存在があるからですか。「一生下僕として付き添わせる」ってものすごいセリフじゃない?少なくとも15歳では、言われた方もひくだろうと思うんですが…実際ひいてたし。
しかしここに萌える人も少数派だとしても確実にいるとみたのはわたしだけですか!
イケメン男子が一生下僕。最近はやりの執事として使うもよし、単なるボディーガードとして使うもよし。その使い方は自分が決められるってことに興奮する女子はいると思うんですよね~~。
あ、ちなみにわたしは一瞬萌えかけましたが、ひとひとりの人生背負う重さに耐えきれずソッコーで諦めました。意外と常識人?てへ(←自分で言うな)。

まあ確実に間違っているだろう読み方で読みましたが、とても楽しい読書でした。続きはいつでるのかなあ。
期待して待ちたいと思いますっ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』/荻原規子 ◎

    Excerpt: 荻原規子さんは、『空色勾玉』を始めとする勾玉シリーズが、すごく楽しかったのを覚えてます。ジャンルとしてはヤングアダルトに当たる(M市図書館では)んですが、大人の鑑賞に全く問題なしですよ。今作『RDG .. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2009-01-16 23:49
  • 「レッドデータガール-はじめてのお使い-」荻原規子

    Excerpt: 「レッドデータガール-はじめてのお使い-」荻原規子(2008)☆☆☆★★[2008083] ※[913]、国内、現代、ファンタジー、巫女、山伏 ※備忘のためのあらすじあり、未読者は注意願います.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2009-01-22 07:12