「太陽の坐る場所」 辻村深月

太陽の坐る場所太陽の坐る場所
辻村 深月

文藝春秋 2008-12
売り上げランキング : 4888

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
高校卒業から10年。クラス会に集まった男女の話題は、女優になったクラスメートの「キョウコ」。彼女を次のクラス会へ呼び出そうともくろむが、「キョウコ」と向かい合うことで思い出される、高校時代の「幼く、罪深かった」出来事―。よみがえる「教室の悪意」。28歳、大人になってしまった男女の想いを描き、深い共感を呼び起こす傑作ミステリー。辻村深月の新境地。『別册文藝春秋』連載を単行本化。

ミステリーなのかなあ。
まあキョウコってどんな子なのさ?という謎を全編で読者が悟る話と言われればそうなんだけど。
途中で「ああもしかして…」ってわたしでも気づいたしなあ。なんともいえないところです。

あと「深い共感を呼び起こす」ってところにもちょっと違和感が。
これに出てくる登場人物って、結構な確率で過去に、高校時代にとらわれている人が多いんだけど、実際問題そんな人ってそんなに多いのかな、と。
少なくともわたしはそうじゃないんですが。
むしろほとんど忘れてますから!だからか、こんなにもアレコレにしがみついている人らを見てなんか滑稽だったり。
大人になってしまってないよね、大人になりきれてないひとたちばかりだわ。
28歳ってこんなに子供なんだっけ。お前が言うなって感じですか。すみません。
自分がこんなだからこそ周りに対する期待値が高いってことでひとつ。

しかし辻村さんって、女の人のいやーな部分描くの相変わらずうまいですよね。
読んでてげんなりしましたもん。
このいやーな部分の、「教室の悪意」とやらもあまりに幼くてびっくりしたりもしたんですが…女子中学生かよ!みたいなアレがいろいろあるんで。高校生になったらもっと大人になってたけどなあ。最近はもっと幼稚なまんまなの?

というわけで、上記内容説明にはまるで共感できなかったわたしなのでした。
amazonの感想で「田村はまだか」に似てると思ったんだけどな~ってのを読んで、ああ確かにわたしも無意識にそれを期待してたかも、と思ってみたりも。

うーん、ちょっと今回は…でした。その分次回作に期待したいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック