「理由あって冬に出る」 似鳥鶏

理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)
似鳥 鶏

東京創元社 2007-10
売り上げランキング : 80496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
芸術棟に、フルートを吹く幽霊が出るらしい―吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。幽霊を否定する必要に迫られた部長に協力を求められ、葉山君は夜の芸術棟へと足を運ぶが、予想に反して幽霊は本当に現れた!にわか高校生探偵団が解明した幽霊騒ぎの真相とは?コミカル学園ミステリ。第16回鮎川哲也賞佳作入選、期待の新鋭のデビュー作。

一年前に買っていたものの、なんでか読み切れず最近になってやっと読了しました。
冬がテーマなんだろうから冬に読んだ方がいい!とか意地んなってたのがアレだったんですねきっと。

学園ミステリです。
人死にがでたりはしないので、大部分うふふと笑って読めます。
幽霊のうわさが出る某高校で、その幽霊のうわさを払拭してやろうやないかい!と(もちょっとソフトな感じですが)夜学校に行ったところ、なんとびっくり本当に出ちゃったからさあ大変。先輩だの同級生だのを巻き込んで、その幽霊って本当はなんなのか、について調査するお話です。

すごい偏見でものを申させてもらいますと、文化系の部活って結構変な人揃ってると思うんですよ。
なんつーか、スポーツ系よりも個性が前にでばってる感じ?すんませんほんと単なる個人的なアレで。
この物語も、おもな登場人物は全員文化系なんで…あとは推して知るべし。というアレです。はい。キャラたちまくってます(結局いう人)。一番薄いのが主人公の葉山くんであるところが、悲哀をさそいますよね……

でもコミカルな流れとは逆(?)に、ミステリ部分は割としっかりしてます。
なんだかよくわからなかったプロローグも、途中できれいに収束していくし。
青春の苦い1ページ、ってのがよく表わされていたかと。

プロローグの衝撃度がちょっと予想以上でしたが。そこにいきつくんかい!!!と。
でも過去好きだった某作品を思い出せて楽しかったので、個人的にはこの終わり方好きでした。

あとがきもしっかりとかつ楽しく書かれてるんでよかったです。
そして一番よかったのは、なんといってもこのタイトルですか。タイトルセンスはかなりいいと思います。
これがデビュー作とのことですんで、次回作も楽しみに待ちたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック