「秋期限定栗きんとん事件 上」 米澤穂信

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
米澤 穂信

東京創元社 2009-02
売り上げランキング : 86

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。学校中を二人で巡った文化祭。夜風がちょっと寒かったクリスマス。お正月には揃って初詣。ぼくに「小さな誤解でやきもち焼いて口げんか」みたいな日が来るとは、実際、まるで思っていなかったのだ。―それなのに、小鳩君は機会があれば彼女そっちのけで謎解きを繰り広げてしまい…シリーズ第三弾。

やっとでました。秋期ってもう春が来るっつうの!というツッコミはおいといても、いやあ待ちかねましたよ。
そしてしょっぱなからもう予想外の展開を見せてますから。米澤作品とは思えないようなアレで。ええ。
なんと小鳩くんに♪♪が、小佐内さんに☆☆が(伏せ字の意味ナシ)できてしまうんです!三巻目にして!…できちゃうんだなぁ。そりゃあ高校二年にもなりゃあなあ……

そんなこんなのウッキウキ展開と同時に、今回初登場にして主役を張るもう一人の、同じ高校の新聞部の人物が追うとある事件が交互に語られていきます。

正直まだ上巻だけでは何が何だかわかんないですね。
下巻の展開に期待ですか。
でもこの意外性のある展開が読めただけで、上巻を読んだかいがあるってもんですよね!

そしてこれ書いてる現時点でもう下巻も発売されているわけですが、わたくしビーケーワンに「にょにょっ記」(2月発売予定)と同時予約したにもかかわらず、「にょにょっ記」の発売が遅れてるせいでまだ手にいれられてないという…!!
というか、上巻も送る場所間違えてセカンドハウス(今だけあるんです…某事情により)に送りつけてしまい、とりに行けずかつ待てずにダブり買いしたという経歴を持つワタクシであるのですが。下巻もそうやって買うべきでしょうか、買わざるべきでしょうか。ものすごく悩むところであります。

さてどうなるか…とりあえず明日近くの本屋に行って、あったら買ってしまう方向で(←我慢のきかない人)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのトラックバック