「短劇」 坂木司

短劇短劇
坂木 司

光文社 2008-12-17
売り上げランキング : 12309

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
憂鬱な満員電車の中で。空き地に掘られた穴ぼこの底で。何かがあなたに、話しかけていますよ…。毒があって蜜もある、少しビターな奇想短編集。「カフェラテのない日」ほか全26編を収録。『本が好き!』連載を単行本化。

少しどころかかなりビターな作品集でした。
坂木さんってこういう作風だったっけ?と思うも、よく考えたらどの作品も甘いばかりじゃなかったもんねと納得。
にしてもなぁ。

あとがきによると、ちょっといい話の連載をつづけるつもりがいつしかこうなったと。
何がどうしてこうなったんでしょうね。
確かに最初の話とか、なかごろにもぽつぽつといい話もあるんですよ。
だからこそ、時折挿入されてるものすごく怖い話のショックがでっかいっつーか。

一番怖かったのはやっぱり「ゴミ掃除」ですかねえ。いろんな意味で。しばらく忘れられないだろうな~……

短編読むのは初めてでしたが、どの話も一定水準以上の出来だったと思います。
やっぱり坂木さんはうまいな、としみじみ感じました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「短劇」坂木司

    Excerpt: 短劇 坂木 司 JUGEMテーマ:読書 たとえば、憂鬱な満員電車の中で。あるいは、道ばたの立て看板の裏側で。はたまた、空き地に掘られた穴ぼこの底で。聞こえませんか。何かがあなたに、話しか.. Weblog: ナナメモ racked: 2009-03-20 22:21
  • 「短劇」坂木司

    Excerpt: 「短劇」坂木司(2008)☆☆☆★★[2009028] ※[913]、国内、現代、小説、短編、ショートショート、ビター、シニカル ハートウォーミングが持ち味の作家と思っていたら、最近どうもちょ.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2009-05-16 18:21
  • 『短劇』

    Excerpt:  坂木司  光文社  短編集というより、ショートショート。  帯に「甘いぞ。苦いぞ。おどろくぞ。」とあるが、まさにその通り。  作者本人も後書きで言っているが、「いい話」だったはずがブラックな話にな.. Weblog: blog mr racked: 2009-07-24 07:01