「ゆずゆずり」 東直子

ゆずゆずりゆずゆずり
東 直子

集英社 2009-03
売り上げランキング : 78017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
「仮の家」に同居人と暮らす文筆業のシワス。ニュータウンでの日常の狭間で「思考の冒険」を楽しむうち、奇妙なことが次々と。ところが、引越しが決まり…。

あとがきにもあるように、最後まで小説なんだかエッセイなんだか、判別が難しい本でした。
事実をもとにしたフィクションらしいですが、妙にリアルな感じがするんですよね。妄想まじりの作風から思いつく類似作品としては、穂村さんの「にょっ記」なんですが、あれよりは普通…かなあ。
現代版「家守綺譚」のような風情も感じられるような。不思議で、かつ奇妙に惹きつけられるお話です。

同居人3人と暮らすシワスさんの日常が淡々とつづられてゆきます。
どれか心に残ったエピソードを抜き書きしようとぱらぱら本書をめくったんですが、なんだかどれもがいい話でこれ!と選べませんでした。

なんてことないけど、わたしの心のストライクを突いた作品だったようです。
図書館で借りて読んだわけですが、これは買って手元に置いて、たまにページを繰りたいような気がします。
続編が出てほしい気もします。
シワスさんをはじめとする登場人物たちの今後が気になるので…
でもきっと、今みたいにゆるりらと生活していくんだろうな、これからも。

よくわからないけど、読むとなんだかいい気持ちになれる作品です。おすすめ。

…内容をきちんと紹介できてないせいで、うまくこの作品のよさが伝わってないのが悔しいです。精進せねば。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「ゆずゆずり」東直子

    Excerpt: ゆずゆずり 東 直子 JUGEMテーマ:読書 「仮の家」に同居人と暮らす文筆業のシワス。人工都市での日常の狭間で「思考の冒険」を楽しむうち、奇妙なことが次々と…。初出「青春と読物」 .. Weblog: ナナメモ racked: 2009-05-14 21:11