「f植物園の巣穴」 梨木香歩

f植物園の巣穴f植物園の巣穴
梨木 香歩

朝日新聞出版 2009-05-07
売り上げランキング : 337

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
植物園の園丁は、椋の木の巣穴に落ちた。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、烏帽子を被った鯉、幼きころ漢籍を習った儒者、アイルランドの治水神…。動植物や地理を豊かにえがき、埋もれた記憶を掘り起こす異界譚。

おひさしぶりです。
なんだか本の読めない日々を送っておりました…いや違うか。読んでたんですけど、書く気力がなかったっつうか。書くのも力いりますからね。ええこんな文章であってもですよ?しかしあまり間があくと、それはそれで書く気力をうばうとわかったので、これからは不定期にでも(こんなに間をあけず)更新できたらいいなと思います。

…とか書いておきながら、急に「更新停止します。」とか言い出すかもしれませんがね。ふふ。


さてこの物語。待ちに待った梨木さんの新刊です。
梨木さんの物語はどれもが好きー!好みー!!というわけではないのですが、ときどき妙にストライクゾーンどまんなかにはまることがあり(「家守綺譚」とか)まして。このお話もどうやら異界譚ということでしたので、とーっても期待しつつ、若干不安も感じつつ読んだとですよ。

そしたらまあ、これが。「家守綺譚」と近いものを感じさせつつも、でもあのお話よりもっとこう、主人公の心の機微に触れられるような、そんな物語でした。一緒に笑ったり驚愕したり、泣いたりできる感じといいますか。

あらすじを書けと言われるとむつかしいです…
歯が痛む話から始まって、近くの歯医者に行ったらそこの奥方がときにヒトならざるものに見えたりもして。
おかしいけど目の錯覚なのかなあとか思ってるうちに、なにやらどんどん周りがおかしなことになっていって、そうしているうちに主人公は今まで振り返ることのなかった過去について思いだしていく…てな話ですかね。

最初はまんま、ノリは「家守綺譚」のそれかと思ってたんですが、あれよりもシリアスでしたね。
どなたかも書かれてましたが、「沼地のある~」に近いところもあったりする気がします。

不思議な話に翻弄されるがままに読み進めていって、最後できれーいに収斂していく様子には溜息がでました。梨木さん、うまいなぁ(って、わたしに言われるまでもないでしょうが)。

ゆっくり、じっくりと楽しむのに向いている一冊だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 『f植物園の巣穴』/梨木香歩 ◎

    Excerpt: この心地よいまでの、心もとなさ。 何かがおかしいと思いつつ、どこからどうズレてしまったか分からない、現実と幻想の合間を漂いゆくかのような、浮遊感。 やっぱりイイですねぇ~、梨木香歩さん。 f郷に.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2009-06-11 22:34
  • 「f植物園の巣穴」梨木香歩

    Excerpt: 「f植物園の巣穴」梨木香歩(2009)☆☆☆★★[2009079] ※[913]、国内、現代、小説、不可思議、植物、怪異、幻想 ※少しネタばれあり、未読者は注意願います。 昨年、旅先で痛.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2009-07-26 04:48