『卒業生-冬-』 中村明日美子

卒業生-冬- (EDGE COMIX)卒業生-冬- (EDGE COMIX)

茜新社 2010-01-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容紹介
大学受験を間近に控えた佐条は、予備校帰りに草壁とのデートの時間を重ねていた。
そんなある日、佐条の母が入院することになる。
病院への往復、家事、そして受験に追われ、心身ともに疲れきっていた佐条は「今、お前に会いたい」と、だれもいない自宅に草壁を呼んだ…。
ほか、ハラセンの青春時代を描いた番外編『げに大人というものは』同時収録。

以前読んだわたしのボォイズラヴ初体験作品「同級生」の続編でありやす。
出ればいいな~と思ってたものの、ほんとに出てくれてびっくりですよ!…タイトルも変わったし、毎月かかさず見てるコミック新刊案内の記載に気づかなかったら、と思うとぞっとします。
まあ毎日BK1の本日発売コミックチェックもしてるしね、そこで発見できたけどねきっと。
…とか書くと、どんだけ漫画好きなのよこのひとはって感じすね。書かなきゃよかった…消さないけど。

さて。

この話のいいところって、なんかもー一言では語りつくせませんね。
この巻収録の話では、前にもあったけど佐条くんのほうが草壁のモテっぷりに不安になって、ココロ弱らせてるところにすかさずハラセン(原先生)が割って入って誘惑しようと試みる…が。てな展開があるんですけど。
実際にメロメロなのは、佐条じゃなくて草壁のほうなんだよな~~。そこにとても萌えるわけです。
性格的なこともあって、佐条は嫉妬の感情をあまり表には出さない(出せない)んですが、バカで素直な草壁はもう直球で「妬けるからやめて」って言います。そういうとこに、また佐条は救われてもいるわけで…ええーと救われるって表現は何かもしれないなぁ。ほっとしてる?そゆことか?(←聞くな)

無口な佐条を、バカなりに気遣って支える草壁はマジかっこいいっすよ。
ハラセンには悪いけど、やっぱり草壁にはかなわないでしょう……ていうかハラセンもハラセンで切なすぎるキャラですけどね……いつか彼にも春が来ることを祈ります。

前にヒいてたBLな部分も、なんとかなりました。これ以外の作品読んではいないんですけど、このレベルなら大丈夫かなぁ…絵が綺麗だからかな。
男同士の恋愛ってフィルターがいつの間にかとっぱらわれているようで。…これはあれですか、そのうち深みにはまる危険性大ですかやはり。い、意識しておきます……

あ、あと個人的にちょろっとでてる草壁の友だちの谷くんが好きでした。いい味出してます。

さて、内容紹介に書いてある、佐条の家に草壁がお泊りする回は、下巻(?)の「卒業生-春-」の方に収録です。表示に難あり!って責められそうですが、えーと誘ってるのはこの巻のラストなのでしょうがなかったのか?
さて、その晩。ふたりはどうなるんでしょうねえ。うふふ。ってわけで続きます。
 


収録作品:「冬のはじまり」「げに大人というものは」「手ぶくろをかいに」「Fitting」(描きおろし)「気になるあの子」「気になる先生」「雨に宿る」「泣きそうなとき」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック