『ちはやふる』 末次由紀

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

講談社 2008-05-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容紹介
まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早。
そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。
まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

昨年度「このマンガがすごい!」第1位かつ、第2回マンガ大賞ダブル受賞ですってよ奥さん!?すごすぎ。そしてなんだってそんなおもしろそうなマンガを今まで放置してたんだっつうね……(遠い目)
普段追いかけてるシリーズ(本・マンガ問わず)が多いと、どうしても新作に手が伸びにくくなりますが。それにより色々とりこぼすものが多いのもまた事実なので、がんばって開拓もしていきたいと思います。

…もうこんな有名な、人気ある作品の感想書かなくてもいいかと思ったんですけど。
読む人のことはおいといて(オイ)、ひとまず今のこの気持ちを覚えておくために、記しておきます。

この作品、一応少女漫画に分類されるんでしょうけど、内容的には少年漫画と言っても間違いでもないかと。だってこの熱さとか友情とか仲間とか。往年の、黄金期の「ジャンプ」やら「サンデー」やらに掲載されてたスポーツ漫画にひけをとりません。それにプラス、家族や丁寧な恋愛描写があるために無敵の構成になってます。
ほんと、とにかく熱いです。そして新と太一と千早の関係性が絶妙すぎます。わたしこういう、男2人に女1人の仲よしってやつに弱いらしい(今気づいた模様)。しかも恋もあるかもしれないけど、それ以上に大切な気持ちがあるってやつに。あああ~いいよ!君たちいい!!(←壊?)

1巻は小学生編で主に3人の関係を、そしてそれ以降で語られる高校生編ではかるた部の部員たちとのつながりについても描かれますが、これもまたいいよな~~。みんなキャラ立ってるし、いい奴らなんすよね~。

……ああもう書いても書いてもこの作品のよさが伝えられないのがもどかしいです。
ここ読んでるリア友の方で「読みたい!」って人いたら貸しますよ?連絡乞う。

あと、題材となってる競技かるたについて。この作品読むまでは、そんな世界があることはなんとなく知識としてありつつも、どんなんかは知らなかったです。たぶんわたし以外の読者もそんな人多いと思われ。
でも知れば知るほどおもしろいですよ、競技かるた!こんなに知力・体力・反射神経・耳の良さ、そして運が必要なものだとは知りませんでした…!!あと地道な努力とか経験もか。
作品の中で描かれる試合の場面は、まさに手に汗握ります。緊張がこちらにも伝わってくるようです。
千早の試合はスピード感あふれる描写を、また太一の試合は暗記による綿密な戦略を、というように、競技者それぞれの場面により、異なる楽しみ方ができると思います。

読んでると、根が単純なので、かるたがしたくなりました。
むかーしに覚えた百人一首なんですが、確認したところ上の句と下の句がちゃんとつながらなかったり(他の歌に連結したりする…)、うろ覚えになってるやつとか多数なので、まず覚えなおすところから始めないとな……
作品読んでて、一首「何この歌知らんよ!?度忘れしてるやつまであったか…!!」と驚愕したやつがあったものの、それは試合の前に詠まれる「序歌」っていう歌でした。あぶないあぶない。っていうかこの歌が百人一首のうちのひとつじゃないって最初に気づけてない時点ですでにアウト?orz
ま、ぼちぼちやります。

今んところ7巻まで出てます。次は3月刊行予定だそうで。続きが待ち遠しいです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック