「リテイク・シックスティーン」 豊島ミホ

リテイク・シックスティーンリテイク・シックスティーン

幻冬舎 2009-11
売り上げランキング : 120438

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
高校に入学したばかりの沙織は、クラスメイトの孝子に「未来から来た」と告白される。未来の世界で27歳・無職の孝子だが、イケてなかった高校生活をやり直せば未来も変えられるはずだ、と。学祭、球技大会、海でのダブルデート…青春を積極的に楽しもうとする孝子に引きずられ、地味で堅実な沙織の日々も少しずつ変わっていく。

もし人生をやり直す機会が与えられるなら、いつの時点に戻りたいですか?
……わたしは実は、もうどの時点にも戻りたくなかったりします。それぞれのターンでしんどい思いもそれなりにあったので、うえぇもう一回やんの!?ってな気になるので。ってことは、イケてないなりに満足してるってことなんですかねー?いやそうでもないのか??(自問自答)

でもこのお話の孝子みたいに、高校生からやり直すっていうのは「戻る」パターンとしてはなかなかいいんじゃないかとも思うわけです。そのへんクリアしてきた今だからこそわかるのかもしれませんが、中学生より自由だけど大学生より守られていて、かつこのあたりから一生ものの友達、っていうのができてくる貴重な頃だし。

このお話はそうやって、やり直すチャンスを与えられた親友がいる女の子・沙織の視点から綴られています。
最初は「…ネタ?」と思っていた沙織が、徐々に孝子にペースを持ってかれて、そのうち沙織の人生すらも変わっていく……というのがおもしろかったです。しかもたぶん、過去の孝子と一緒にいた沙織のそれよりもずっと楽しい方向に。

あと興味深かったのが沙織の人物像ですか。容姿端麗・文武両道。しかも性格良しってどこのステキ女子ですか?!今までの豊島作品の主人公にはありえないキャラだ…(笑)。まあその沙織もいろいろ抱えてるものは大きいわけですが。この頃の不自由さを体現する存在でもありました。そこだけは共感できたよ…


人生やり直して、今回こそ間違えずに青春を謳歌して未来を変えてみせるぜキャー☆一直線な話ではなく、根本的な問題から目をそらさせずに孝子に(そして沙織をはじめとする周りの人にも)きちんと向き合わせたのもよかったと思います。最終的には自分からは逃げられないんだよっていう。そのメッセージを重すぎず軽すぎず伝えきった豊島さんの筆力に感心しました。

こんなにいいお話書ける人が今はお休み中だというね……
すみませんすみません、ファンなのに全然買ってなくて!買っても文庫だったりして!!
こ、これから出てるやつ極力買いますから!中でもこの話は文庫待たず単行本で!!そして地道にファンレターとか送り続けたら気を変えてくださる可能性もあるいは?

もうなんか、こっちこそ豊島さん休筆宣言の前に戻りたい気持ちっすね……(←最初の意見が微妙に変化した人)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「リテイク・シックスティーン」豊島ミホ

    Excerpt: リテイク・シックスティーンクチコミを見る 私が青春時代をやり直すとしたら、恋も友情も勉強も絶対後悔しないくらいがんばろうって思うと思います。でもそれって、うまくいくかもしれないし、空回りするかも.. Weblog: 本のある生活 racked: 2010-02-25 21:27