「頭の中身が漏れ出る日々」 北大路公子

頭の中身が漏れ出る日々頭の中身が漏れ出る日々

毎日新聞社 2010-03-17
売り上げランキング : 43763

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
40代、独身。趣味昼酒。「いいとこなし」のキミコの、超地味なのに、なぜか笑える日常から生まれた55編。大爆笑のエッセー第2弾。『サンデー毎日』連載を単行本化。

ゴールデンウィーク6連勤中(しかも夜勤)のまみみです、どうもこんばんは。
去年までフツーに休んでた分なかなかに新鮮です。でもフツーに休めて神経はすり減る前職よりは(今んところ)断然いいと思えてるので、まあ幸せです。

…ま、そうは言っても友達と予定あわせて遊びたくともそれもできないとなると、ちょこっとやさぐれるのも事実でして。22時過ぎに帰宅してちょろっと発泡酒あおったりしてみましたが、酒がそう得意でもない体質なのでぱーっとすることもなく…こういうときに思い出すのがそう、この作者、われらがキミコ姐さんです。

前作の「生きていてもいいかしら日記」でわたしの度肝を抜いたキミコ姐さんでしたが、いやいやどうして。今回もやってくれましたよ……なんでこんな行動範囲狭いのに、淡々と日々過ごしてるのに(泥酔することはあるが)こんなネタの宝庫なんだろう。

一番笑ったのは、コンビニで犬の治療に使う注射器を転がした一件ですかねえ。次点で夜中に広口ビンの内部を洗っていて右手が抜けなくなってしまい、ヤケを起こしてビールを飲んだが、って話?
なんかもう、どれも笑えるので甲乙つけがたいんですけれど。正月にモチを10kg食うお父さん(推定70代)とか。
この親をしてこの子ありって感じなのか?

いや、でもご両親はそう酒好きって感じもしないしな。
キミコ姐さんの武勇伝の数々は、主に酒がらみですから。酒って偉大なのね……

ほぼシラフの世界で生きてるので、酔っ払いの世界はよくわからないんですが、酔っ払いとして酔っ払いの世界に突入できたらさぞかし楽しいんだろうなー。酔ってからむ人を激しく嫌悪してるのですが、こっちが泥酔してればそれも許せるのかもしれないし?

しかしアレですよ。一定以上飲むと具合が悪くなるだけで全然楽しくない性質ですから…その世界には入れないんだろうなあ。キミコ姐さんへの憧れは、手が届かないものへの憧れなのかもしれません。


この作品、あまり他に読んでる方見かけないんですけど。女性が書くエッセイとしては異端でかつ秀逸だと思います。おすすめ!



頭の中身が漏れ出る日々
毎日新聞社
北大路 公子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック