「ペンギンと暮らす」 小川糸

ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)
小川 糸

幻冬舎 2010-04
売り上げランキング : 26475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)
夫の帰りを待ちながら作る〆鰺。風邪で寝込んだときに、友人が届けてくれた菜の花ご飯。元気を出したい人の為に、身体と心がポカポカになる野菜のポタージュ…。大切なお客さまの為ならば、八百屋を6軒はしごすることも厭わない。そんな著者の美味しくて愛おしい、もてなしの毎日。ベストセラー『食堂かたつむり』の著者が綴る日記エッセイ。


小説かと思ったら日記エッセイでした。いろいろ知らなかったことがわかって興味深かったです。
ていうか!なんでRADWIMPSの野田くんが家にくるとか!!そんな関係なのがびっくりかつ羨ましいんですけど……ペンギン(旦那さん)の仕事がらみなんだろうか。さらりと書きやがってちくしょう。←ねたましいあまりに言葉遣いが悪いです←それはいつも。

なんつうか作品のイメージどおりのひとなんだなーと思いました。
そしてこれは個人のこのみの話なんですが、笑いのない日記エッセイって読んでてもあまりおもしろくないなーと……いや、友だちのとか知ってるひとのだったり好きなひとのだったらいいんですけどね。なんでもかんでも笑いを求める自分にもなんだかなあと思ってみたりみなかったり。

あ、と。
これも超、超超個人的な好みの話なんですが。小川さん句読点多すぎ!「、」何回使ってるんだ!!

先生は、それじゃあ、とにかく勉強しなさい、とおっしゃった。 (原文引用)

↑これとか別に点3つもいらなくないっすか。1こでもいい。
読むときのリズムってのがひとそれぞれあると思うんですが、わたしは結構点にひっぱられるらしくて、自分のリズム外のところにたくさんうってあると読みにくくてイライラするんだよーう。
そういやそれであの大御所・西村京太郎さんも読めなくなったんだったよ……。

というわけで小川さんの日記エッセイは封印本のリストに追加されることになりました(好きなひとごめんなさい)。
小説はどうだったっけ。今手元に「ファミリーツリー」あるものの読むのにちょっと躊躇するなあ。
躊躇してる場合じゃないのに!!締切(図書館返却日)はあさってだ!!

まあ、えーと。あまり身構えずに読んでみます。




ペンギンと暮らす (幻冬舎文庫)
幻冬舎
小川 糸

ユーザレビュー:
心がほぐされていく本 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック