今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「HEARTBLUE」 小路幸也

<<   作成日時 : 2007/12/05 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 10

HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)
小路 幸也

東京創元社 2007-12
売り上げランキング : 192223

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
NYの失踪人課の男を少年が訪ねてきた。1年程前から変だったという彼の捜す少女は、なぜ姿を消したのか? 映像クリエイターの青年も加わり、探り出した哀しい真実とは。強く生きようとする者たちの、逞しくも切ない物語。

前に読んだ「HEARTBERT」がすこぶるよかったので新刊を買っちまいました。
イイ!と思ったのは覚えてるものの、内容の詳細はかなり忘れてましてな。
あげく自分の感想も内容にはまるっきり触れずに書いてあるので、お友達のブログを参考に前作を復習しました。みんな丁寧に書いてあって……今よりもっと乱暴だったあたしのきままっぷりを反省した次第です。いや、でも書きなおさないけどね?めんどくさい以上にもう一度読まないと書けないところが多すぎる!!

はい、本題いきますか!
今気づきましたが、今回も行方不明を追う話でしたね。なんだろ、これからずっとこの路線で行くのか?語り手が二人いて、それぞれが追っていた事件が浮き上がってくるにつれ、どうやらこのふたつはひとつにつながるんではないかと。その辺の流れも前作のまま。

どっちかというと前作よりも辛い印象を持ったのは、前作の時に感じた気持ちがうすれてるってのもあるでしょうが……なんかこうやりきれないんです。ネタばれになるから詳しく言えないけど、なんでそうなる?!とかどうしてそんなことを?ってなことをよく思いました。誰も悪人ではないけれど、でもそれだからこそ感じるこのもやもや。ううむ早く脱したい感情だわ……

前作の登場人物も出てきてます。主人公のひとりはあの「切なさ番長(←勝手に命名)」巡矢だし。もう一人もどうやら前作にいたらしいです。もう忘れてしまっているので推定ですが。
こういうのなんていうんだっけ……スピンオフ??

また最後気になるヒキで終わってましたよそういえば。
これ1作目読んだとき、まさか続きはないだろうと思っていたのにシリーズ化すんのか?
正直気に入ってる作品は続編続かないでくれると嬉しい派なんですが。
だって続編どんどん続いてるやつで、ずーっと最初の感情を維持できる作品ってあんまりないしさぁ。1作目で終わってりゃ名作だったのに!って作品の多いこと多いこと。
まあ生活かかってるししょうがないのかな……世知辛い世の中だぜ……(←?)

続きもたぶん読むでしょう。…けど、買うかどうかは借りて読んで判断しようと思います。

HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「HEARTBLUE」小路幸也
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40) 小路 幸也 JUGEMテーマ:読書 ...続きを見る
ナナメモ
2008/01/03 11:40
「HEARTBLUE」小路幸也
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)東京創元社小路 幸也(著)発売日:2007-12amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) NY市警失踪人課のワットマンの元へ少女を捜す少年が現れる。またワットマンと知り合いの巡矢もあるきっかけからNYで別の少女の行方を追いかける。それぞれがたどり着いた先に待っていたものはあまりにも哀しすぎる現実。 ...続きを見る
乱雑な本棚
2008/01/04 16:21
HEARTBLUE 小路幸也
ブックデザインは岩郷重力+WONDER WARKZ。東京創元社ミステリ・フロンティア。 一方の語り手、ダニエル・ワットマンはニューヨーク市警察失踪人課勤務。サミュエル・マイヤー(サム)が捜査依頼し、後日遺体で見つかったペ& ...続きを見る
粋な提案
2008/01/06 17:14
「HEARTBLUE」小路幸也
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40)小路 幸也 (2007/12)東京創元社 この商品の詳細を見る ニューヨーク市警三十八分署の失踪人課に所属するダニ&... ...続きを見る
しんちゃんの買い物帳
2008/01/14 22:32
HEARTBLUE(小路幸也)
なんだかな〜なラストでした。こういう時、自分のボキャブラリーの無さを嘆きたくなりますが、この気持ちを上手く言葉に出来ない。決して、つまらなかったという訳ではないのだけれど、すんなり面白かった!とは言えないんだよなぁ・・・。どっちか白黒つけるとしたら、「つまらない」よりも「面白い」比重の方が多いんだけど。 ...続きを見る
Bookworm
2008/02/23 11:09
「HEARTBLUE」小路幸也
HEARTBLUE (ミステリ・フロンティア 40) ...続きを見る
本のある生活
2008/04/19 14:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

「HEARTBEAT」私もすっかり忘れまして…
ただ、彼の存在がすごく大きかったですよね。
いつもどこかに「彼」がいるって感じでした。
なな
2008/01/03 11:42
あけましておめでとうございます。
丁寧なご挨拶いたみいります。こちらこそ今年もよろしくです。
「HEARTBERT」気にいって買ったものの、一回も読み返してません。雰囲気は覚えてるんですけど。でもこの続編読んでてちょこっと思い出すこともありました。「彼」については語られるだけで存在を示すものは何もないですが、そのうち出てくれるんですかね〜?気になります。
まみみ
2008/01/04 14:35
昨日の無言TB、失礼いたしました。
私のブログでTB履歴が残らないのでいまひとつ送信できたか自信がなく、コメント欄にもアドレスが残せないようなので右往左往しているうちに閉じてしまいました。結果として自分が苦手な無言TBとなってしまい自己嫌悪であります。

本のことでありますが、これだけ出てくる人を丁寧に、いろいろ想像させてくれるように描いてあるのに、あの懲らしめ作戦が納得いかなかったです。
ワットマン父の行動も…しかしこちらは病んでしまった心と思えばなのですけど。

「切なさ番長」がいたく気に入り書き込みさせていただこうと思ったのにひとりで面倒臭くしてしまい、まだあたふたしています。
お許し下さい。そしてまたたくさんの感想を読みにお邪魔させて下さい。
カクテキ
2008/01/05 16:09
いえ、こちらこそ無言TB失礼しました。あまり気にしないでくださいね。お互いさまということで^^
全体をみると結構いいのに、こまごまと引っかかるところがありましたよね。残念です。
そして「せつなさ番長」気にいただけてうれしいです。こんな適当かつお気楽なブログですが、またのお越しをおまちしています^^
まみみ
2008/01/05 17:35
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

続けて読んだのでスムーズに理解できました。
やりきれなさは内容によるのでしょうね。アメリカらしいって気もしました。

トラックバックさせていただきました。
藍色
2008/01/06 17:19
丁寧なご挨拶いたみいります。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。

やっぱりこの作品は前作を読んですぐ!のほうが楽しめますね。もったいないことをしました。しかし前作の読後感と比べてしまうと数段落ちるかもなぁと思うのも事実でして……

あまりに好きになってしまった作品の続編は、もしかしたら読まない方がいいのかもしれません。
まみみ
2008/01/06 20:15
こんにちは。
そうなんですよね〜。誰も悪人ではないのに・・・と、こうモヤモヤ感みたいなものが残ったラストでした。
最後のヒキもなかなかでしたね^^;ここでも引っ張るかっ!?と突っ込みをいれたくなりました。
すずな
2008/02/23 11:12
すずなさんこんにちは。
誰も悪くないけど後味が微妙って、ちゃんとした悪意の方がなんぼかましなんじゃ?みたいな気もします。誰も責められないし誰も悪くないって憤りをぶつけられる相手がいませんからね。むむー。
ヒキもなぁ。…なんか書いてたら自分が憤りそうなんでこのへんで。
まみみ
2008/02/24 08:28
このやりきれなさは、悪人がいないからこそだったんだ!と、いまさら気づきました。
あと、無意識のうちに切なさを求めて読んでいたようで、その意味でもすっきりしなかったのかも・・。
「せつなさ番長」(ナイスネーミング!)が相棒と活躍する続編が読みたいです。
june
2008/04/19 14:44
この読後感、意外にひきずっています。まだ覚えてるってわたしにしてはすごいです。
前作が前作ですから、どうしても切なさを求めちゃいますよね。わたしも希求してました。だから余計にもやもや……

「せつなさ番長」は気に入ってくださってる方が多いですが、これの元ネタは桑田乃梨子さんの作品『男の華園』だったりします。これに出てくるせつなさ番長も相当キますので。もしよかったらこちらもどうぞ^^
まみみ
2008/04/19 22:10
「HEARTBLUE」 小路幸也 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる