今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「船に乗れ! 2 独奏」 藤谷治

<<   作成日時 : 2010/12/06 15:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

船に乗れ!(2) 独奏船に乗れ!(2) 独奏
藤谷 治

ジャイブ 2009-07-02
売り上げランキング : 76668

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
思いを寄せる枝里子をオペラ「魔笛」に誘ったサトル。枝里子に楽しんでもらうため、魔笛の台詞の訳を書き写した単語カードを用意していき…。青春音楽小説第2弾。『ポプラビーチ』連載を書籍化。


ども、ちょこっとおひさしぶりです。
なんにも読んでなかったってわけじゃない(と思う)んですが、書けてませんでした。あげく3部作の2冊目から感想書くってオマエ。との声もあろうかと思いますが…うん。まあそのうち書けたら書きます。

けど1冊目は特になんとも……。ほんと「序」て感じでしたよね?

自意識過剰で家は金持ち、いろんな意味でアレな男子が高校受験失敗したことでたっかい鼻へし折られて……という話かと思いきや、それはそれで「鶏口となるとも牛後となるなかれ」なんつってうまい具合に自分をだまくらかし、美少女との出会いなんかもあってまあリア充な生活を送るって、なんなのそれ誰が得する話なの?と、読後ちょっとやさぐれたような記憶が……まあ、先週あたりずっとイラついた気分だったので余計にそう感じたのかもしれませんが、まあそんな感想だったとですよ。

それがまあ。2冊目にしてこんなにも痛い話になるとは。
しかも別に1冊目で主人公のアレさにほとほとうんざりしてたからと言って、それ読んで「ざまあ」とか思えないくらいのレベルでな……いやちょっとも思わなかったかと言えばそうでもないんですが。
ざまあというよりも、お前ここまで来てなんでまだそんなに馬鹿なの?その首の上についてんのはなんなの??藁でも詰まってんの????とか思うのは、わたしがこの年齢になってるから言えることなんだろうな〜〜。それか単に性格が悪いor主人公がいまいち好きになれてないからですか。よくわかりません。。

わたしは青春小説が好きですが、じゃあ自分自身の青春時代が充実してたかと問われるとそんなことはちっともなくて。むしろのたうちまわりたくなったり、首の付け根まで赤面しそうなそんなアレコレまみれなわけですが(←一体何があった)、それでもやっぱり読んでしまうのは、そこにどうしても惹かれてしまう何かがあるんだよなあたぶん。

それはきっときらきらしてたり思わず笑っちゃったりすることばかりじゃなくて、この作品に描かれてるみたいに血がにじむような苦しさとか幼稚さとか、大人からしたら馬鹿だな〜って思うようなことすべてひっくるめて。


そういやこの作品には↑で書いたことがだいたい全部入ってますね。それってすごいな。


結構、なんていうか痛いまんまで終わってるので早く3が読みたいです。…こういう時もうすでに手元にあるっていうのはいいですね。すぐ読めて。いや実は二日後に返さねばならん「SOSの猿」と「ゆんでめて」を先に読まないといけないんですけどね。
……こうやって今年の積読本消化できないまま年が変わるのか…っ!そういやこないだ届いた米澤穂信氏の新刊、封すら開けてないよ?!
来年はもうちょっと計画的に生きる&読めないなら本を買わないという方向でひとつ。言ったはしから鬼に爆笑されてる気配がしますがとりあえず決意表明ということで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「船に乗れ! 2 独奏」 藤谷治 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる