今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東京ルームシェア生活」 きのしたきのこ

<<   作成日時 : 2012/01/14 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京ルームシェア生活 女3人、一緒ぐらしコミックエッセイ東京ルームシェア生活 女3人、一緒ぐらしコミックエッセイ
きのしたきのこ

メディアファクトリー 2011-10-21
売り上げランキング : 14038

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容紹介
「実家を出たいけど、一人ぐらしはお金も掛かるし寂しそう・・・」「なんか毎日が楽しい暮らしかたがしてみたい」「人と一緒に住んでみたい」などなど、そんな思いを抱えた20代~30代の若者が増えています。
本書は、「特に気が合うわけではないけれど、楽しく毎日を暮らしている」女子3人のルームシェアの様子をつづった、一緒ぐらしコミックエッセイ。シェア物件探しの秘訣から、お金関係の切り出し方、病気になった時のことなど、ルームシェアならではの住みかたのコツが満載です。

<人と一緒に暮らすって、こういうこと!>
・お金のやり取りは、なごやかに、でもしっかりと
・シェアごはんは、意外な料理が楽しめる
・柔軟剤は、全員一致でダウニー!
・スキンケア用品のお試しも楽しい☆
・もめた時は、3人目の意見を大切に



どうもこんにちは。お久しぶりです。
相変わらず本が読めてないわけですが、今年の目標のひとつにすこしずつでももう一度本を読む習慣を取り戻す、と決めたので。とりあえず手軽なものから………ってことで決めましたこのコミックエッセイ。

ルームシェアについては以前から興味はありました。
特段さみしがりな性質ではないものの、安上がりで広くて設備の整った部屋に住むには、誰かと同居がいいんだろうなー→けど同棲や結婚はちょっと……だし、妹たちも結婚しちゃったし。ならばルームシェアはどうかと。
今はまたそのときより収入も減ってるんで、もし家賃の高い地域に住もうと思うなら、外せない選択肢かと。

性格的に向いてるか……と言われたら、そうでもないと思うものの。
でも実際シェアしてる知り合いはいなかったので、どうなのか具体的に考えることができなかったところに、この本を見つけたわけです。

さすが8年シェア生活をしてきただけあって、作者はいいところついてきてるなーというところがあちこちに。
上の内容紹介でほとんど紹介されてるわけですが、個人的に「そうだよね!」と激しく同意したのが

「ひとと暮らすんだから、他の人に病気をうつさないようにするのも大切だよ」

というひとこと。
これはよく風邪をひく作者に、ルームメイトが言ったことなんですが、これほんとですよね……。
しんどいときにそんなこと気にしてられない、ってその時は思ったと作者は書いてましたが、いやそこは気にしようよと。これはルームシェアに限らず、家族にも言えませんか。
ちゃんと養生しないで長い間風邪ひかれると本当に困る。うろちょろされて、自分自身がうつるわけにはいかないから、こっちに風邪をうつさないでほしい、とか言うと「ひとでなし」みたいな顔で見られるんだよな←何かあった模様

ひとと暮らすということは、ある程度お互い気をつかうほうがいいと思います。家族だから、友だちだから大丈夫じゃなくて、いい関係でいるためには努力したほうがいいこともある。って自分にも言いつつ。



まあそんなこんなで、ルームシェアの悲喜こもごもがわかりました。
わたし自身、前よりもリアルに考えられるようになったかな。で、もしやるとするなら「とりあえず更新料払うまで、を目安に住んでみる。それ以降続けるかどうかは、2年ごとに考える」とかにしたいな。

年を取ったらシェアハウス建てて、気の合うひとと暮らすのもいいなー。
ってことで、実家暮らしに甘えてないで将来に備えても少し貯金したいと思います。と変なところに着地したところで、今日のところは失礼します<(_ _)>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「東京ルームシェア生活」 きのしたきのこ 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる